恋妻家宮本 映画 動画無料フル配信auビデオパスu-next、ビデオマーケット

愛妻家でも恐妻家でもない、「恋妻家」。

そんな聞きなれないタイプの男を描く映画が『恋妻家宮本』です。

ちなみに、恋妻家は、「れんさいか」ではなく「こいさいか」と読みます。

普通のラブストーリーやホームドラマじゃ満足ができない。

そういう方にはぜひ観ていただきたい面白い映画です。

ユーモアあふれるあらすじもさることながら、キャストも日本を代表する俳優と女優が共演というすごさです。

あなたも、今年の絶対に見逃せない注目映画の1つである本作をぜひご覧ください。

 

恋妻家宮本の映画動画の視聴はビデオマーケット、auビデオパス、U-NEXT

 

ビデオマーケット

「ビデオマーケット」は、下記です

 

ビデオマーケットは国内最大級17万本以上の動画が楽しめるVOD(動画配信)サービスです。

レンタル店より早く見れる作品もあります。

放送中のドラマの見逃し配信や国内外のドラマや映画、アニメ、バラエティ、グラビア、スポーツなど多彩なジャンルが楽しめます。

テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンでいつでもどこでも楽しめます。

ビデオマーケットには『プレミアムコース』と『見放題&プレミアムコース』の2コースがあります。
プレミアムコースは月額料金500円(税抜き)でお好きな作品を単品購入するスタイルです。

毎月540ポイントがもらえ、このポイントでお好きな作品が購入できます。
見放題&プレミアムコースは月額料金980円(税抜き)で単品購入+20,000本の作品が見放題です。

毎月540ポイントがもらえ、このポイントでお好きな作品が購入できます。

 

「ビデオマーケット」は、下記です

 

 恋妻家宮本 映画 動画無料フル配信auビデオパスu-next、ビデオマーケット

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

 恋妻家宮本 映画 動画無料フル配信auビデオパスu-next、ビデオマーケット今なら初月無料!映画作品が充実!ビデオマーケット

 

 

auビデオパス

「auビデオパス」は、下記です

 

 恋妻家宮本 映画 動画無料フル配信auビデオパスu-next、ビデオマーケット

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

 恋妻家宮本 映画 動画無料フル配信auビデオパスu-next、ビデオマーケットau/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

U-NEXT

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

 恋妻家宮本 映画 動画無料フル配信auビデオパスu-next、ビデオマーケット

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

 恋妻家宮本 映画 動画無料フル配信auビデオパスu-next、ビデオマーケット恋妻家宮本の映画が観れるU-NEXT

 

 

恋妻家宮本 映画の見どころ

 

『恋妻家宮本』は、直木賞作家・重松清さん原作の小説の実写化作品です。

原作のタイトルは『ファミレス』という、かなりシンプルなものになっています。

重松清さんはこれまでに、『ナイフ』、『エイジ』、『ビタミンF』、『十字架』などといった、人情を描く作品を多く発表してきました。

その映画化作品となった『恋妻家宮本』も、行方がとても楽しみですよね。

さて、楽しみなポイントとして、『恋妻家宮本』には、宮本陽平と宮本美代子だけではなく、ほかにも複数の夫婦が出てきます。

劇中で描かれていくそれぞれの夫婦像はどんなものになっていくのか、期待してください!

豪華なキャスト陣の存在も決して無視することはできません。

恋妻家の宮本陽平役が阿部寛さんで、その嫁の宮本美代子役が天海祐希さん!

さらに、菅野美穂さんや相武紗季さんも登場しますよ。

 

恋妻家宮本 映画のあらすじ

これまで25年ものあいだ、ごく普通の夫婦としてやってきた、宮本陽平(阿部寛)と宮本美代子(天海祐希)。

しかし、ずっといっしょに暮らしてきた子供たちが独立したことによって、彼らの関係は変わっていきました。

できちゃった婚だった2人にとって、子供がいない生活というのはまったく未知のもの。

これまでどおり夫婦であるにもかかわらず、どこかぎこちない感じになっていきます。

やがて、宮本陽平は、宮本美代子が用意していた離婚届を発見してしまうことに。

まずいことをした覚えがいっさいなかった彼は、ただただ困惑するしかありません。

あまりのことに心配した宮本陽平は、友人にこのことを相談するものの、ますます落ち着かなくなってしまいます。

そして、そんななか、とうとう宮本美代子は宮本家から出ていってしまうのでした。

何がいけなかったのか、どうやって元の関係に戻ればいいのか、宮本陽平の宮本美代子との関係改善を模索する試練が始まっていきます。

 

恋妻家宮本 映画のキャスト

 

宮本陽平(阿部寛)

宮本美代子(天海祐希)

五十嵐真珠(菅野美穂)

門倉すみれ(相武紗季)

井上尚美(奥貫薫)

五十嵐幸次(佐藤二朗)

井上礼子(富司純子)

宮本正(入江甚儀)

宮本優美(佐津川愛美)

井上克也(浦上晟周)

菊池原明美(紺野彩夏)

井上エミ(豊嶋花)

陽平の父(関戸将志)

陽平の母(渡辺真起子)

時森(柳ゆり菜)

 

恋妻家宮本 映画のスタッフ

 

監督・脚本:遊川和彦

原作:重松清

製作:中村理一郎、市川南

共同製作:高橋誠、茂田遥子、大川ナオ、堀内大示、市村友一、吉川英作、荒波修

助監督:菅原丈雄

製作担当:今井尚道

ラインプロデューサー:本島章雄

プロデューサー:福山亮一、三木和史

共同プロデューサー:上田太地

劇中歌:吉田拓郎

音楽:平井真美子

撮影:浜田毅

照明:高屋齋

録音:南徳昭

美術:金勝浩一

装飾:高畠一朗

編集:村上雅樹

音響効果:斎藤昌利

VFX:小坂一順

衣裳:片柳利依子

スクリプター:八木美智子

 

恋妻家宮本に出演されている阿部寛さんについて

 

『恋妻家宮本』で宮本陽平役を演じている阿部寛さんについて見てまいりましょう。

とても日本人とは思えない堀の深い顔立ちで知られる彼は、『ノンノ』のモデルとして芸能界デビュー。

それから俳優として活動を始めていきますが、初期は今とは異なり、なかなか恵まれませんでした。

しかし、大河ドラマ『八代将軍吉宗』出演を契機に、阿部寛さんの露出は増えていくことに。

そして、人気ドラマとなった『TRICK』で一気にブレイクを果たします。

共演した仲間由紀恵さんもさることながら、彼の演技もかなりコミカルなもので、ただ人気者になるだけではなく、俳優としての新境地となりました。

が、阿部寛さんはさらなる活躍を見せていくことに。

映画でも、『テルマエ・ロマエ』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、名声を確固たるものにしていったのでした。

なお、『テルマエ・ロマエ』では、日本人であるにもかかわらず、持ち前の堀の深い顔を生かし、ローマ人の役を違和感なく演じ切って、大変な話題にもなっております。

 

恋妻家宮本 映画のまとめ

 

夫婦といっても、実にいろんな形の夫婦が存在するものですよね。

それを丹念に、しかしユーモアを交えて描いていくのが、『恋妻家宮本』となります。

あくまで普通の日常を舞台にしつつ、夫婦の微妙なすれ違いが繰り広げられていくのが興味深いところです。

どこの夫婦にも起こりうるような内容なので、見ごたえは大きいでしょう。

現実離れした映画も現実を忘れさせてくれていいものですが、こういう趣向の映画も逆にたまにはいいものだと思います。