聲の形 映画 動画 フル 外国無料視聴fod/U-NEXT

聲の形 映画 動画 フル 外国無料視聴fod/U-NEXTは

ということで記事をお伝えします。

『聲の形』と書いて、「こえのかたち」と読みます。

この映画はかなり重いテーマとなっておりますが、それだけに見る価値は極めて大きいのではないかと思います。

これから、あらすじなどを説明していきたいと思いますが、あまり堅苦しく感じることなく、自然体にて鑑賞してみれば、きっとおおきな感動を得ることができるでしょう。

それでは、そのあまりにも深い内容をご確認ください。

 

聲の形 映画の見どころ

 

『聲の形』は、2016年9月17日に公開されたアニメーション映画です。

原作は、大今良時さんのマンガとなります。

原作は、手塚治虫文化賞新生賞を受賞するなど、とても大きな評価を受けています。

この作品は、聴覚障害者へのいじめがテーマという、そうとう生々しい内容です。

一見しただけでは、アニメーション映画であるとは、とても思えないような感じですよね?

そのため、原作の掲載ですら、一時は困難な場面もあったのだといます。

しかし、実際に掲載が決まると、評価はとても高いもので、現在では教科書にも取り上げられています。

映画への評価ももちろん高いもので、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞まで受賞しています。

さて、そんな『聲の形』の主人公の石田将也役を演じる入野自由さんは、子役として劇団ひまわりに所属していたという経歴も持っています。

声優として有名で、あの有名なスタジオジブリのアニメにも出演歴がありました。

『千と千尋の神隠し』です!

ご存じのとおり、宮崎駿監督作品を代表する傑作として知られています。

女優の柊瑠美さんが千尋役を演じましたが、千尋を支える少年・ハクを演じた人物こそ、入野自由さんだったのです。

まさかハク役が『聲の形』の主人公だったとは、おどろきですよね。

ほかにも、『ふたりはプリキュア Splash Star』の宮迫学役、『機動戦士ガンダム00』の沙慈・クロスロード役、『ONE PIECE』のジロー役などを担当しています。

 

聲の形の原作はFODフジテレビオンデマンドとU-NEXTで読めます

 

FODフジテレビオンデマンド

 

「FODフジテレビオンデマンド」は、下記です

 

FOD 聲の形 映画 動画 フル 外国無料視聴fod/U-NEXT

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

FOD 聲の形 映画 動画 フル 外国無料視聴fod/U-NEXTフジテレビオンデマンド(FOD)無料お試しキャンペーン

 

 

U-NEXT

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

FOD 聲の形 映画 動画 フル 外国無料視聴fod/U-NEXT

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

FOD 聲の形 映画 動画 フル 外国無料視聴fod/U-NEXT「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

聲の形 映画のキャスト

 

石田将也(入野自由)

西宮硝子(早見沙織)

西宮結絃(悠木碧)

永束友宏(小野賢章)

植野直花(金子有希)

佐原みよこ(石川由依)

川井みき(潘めぐみ)

真柴智(豊永利行)

島田一旗(西谷亮)

広瀬啓祐(増元拓也)

竹内先生(小松史法)

石田美也子(ゆきのさつき)

西宮八重子(平松晶子)

将也の姉(濱口綾乃)

マリア(鎌田英怜奈)

ペドロ(綿貫竜之介)

西宮いと(谷育子)

 

聲の形 映画のスタッフ

 

監督:山田尚子

原作:大今良時

脚本:吉田玲子

制作プロデューサー:高島龍平

プロデューサー:大橋永晴、中村伸一、植月幹夫、飯塚寿雄、立石謙介

総作画監督:西屋太志

作画監督:門脇未来、丸木宣明、明見裕子、植野千世子、角田有希、岡村公平、池田和美、西屋太志

キャラクターデザイン:西屋太志

絵コンテ:山田尚子、三好一郎、山村卓也

演出:小川太一、河浪栄作、山村卓也、北之原孝将、石立太一

設定:秋竹斉一

音楽:牛尾憲輔

音響監督:鶴岡陽太

撮影監督:髙尾一也

3D監督:冨板紀宏

美術監督:篠原睦雄

録音:名倉靖

編集:重村建吾

 

聲の形 映画のあらすじ

 

石田将也(入野自由)は、高校3年生です。

彼がまだ小学校6年生のとき、ある少女がクラスに転校してきました。

それは、西宮硝子(早見沙織)という聴覚障害者でした。

石田将也は次第に、彼女に対していじめをするようになってしまいました。

すると、それに呼応するかのように、ほかのクラスメイトたちも、西宮硝子へのいじめをするようになっていくのでした。

やがて、この行為が学校で問題視されるようになってしまい、石田将也は、いじめの加害者から逆転し、クラスみんなからいじめられるようになっていくのです。

何とも皮肉な展開になっていくなか、自分をいじめた相手であるにもかかわらず、彼を助けてくれる、西宮硝子。

が、彼には、そんな彼女のことが理解できません。

成長した石田将也は、手話を学び、自分の住む家を出て、西宮硝子のもとへと謝罪に行くのでした。

 

聲の形 映画の感想

 

たしかに、聴覚障害者の少女に対してクラスのみんなでいじめをするというのは、マンガのストーリーとしては、かなりつらいものを覚えますね。

当初、掲載が微妙だったというのも、まったく分からなくもありません。

しかし、あらすじを見ていくと、主人公はかなり成長してから改心するということですから、まだ救いがあります。

いじめの加害者が被害者に一転してしまうというのは、現実界においてもよくある構図です。

『聲の形』では、そうした部分にも光を当て、子供の世界の暗部を照らし出していきます。

道徳の教材のような感覚ではなく、あくまで自然な感じで鑑賞して、じっくり考えてみたい、そんな映画ですよね。

 

聲の形 映画のまとめ

 

アニメーション映画といえば、一般的には明るい作品が圧倒的に多いですよね。

暗い内容であっても、SF的な設定になっていたり、「おもしろい」ものが多数派です。

が、『聲の形』は、普通の世界で起こる陰湿ないじめと、それへの償いの物語です。

あらすじだけを見れば気が重くなりそうですが、それだけに、こういう希少な作品は見逃したくないものです。

ぜひ、自分の目で観て、ひと味違ったものを感じてみてはいかがでしょうか。