バイオハザード ヴェンデッタ 吹き替え 無料hulu,auビデオパス配信

映画『バイオハザード』シリーズといえば、ゲームを元に作られた大人気シリーズですよね。

しかし、この『バイオハザード ヴェンデッタ』は、少し作りが異なるのです。

どういうふうに異なるのかということについては、次の見どころで説明していきます。

今回も、手に汗握ることは必至のバトルアクションが満載!

『バイオハザード』ファンはもとより、新規の方も、注目ですね。

バイオハザード ヴェンデッタ 映画のキャスト

 

クリス・レッドフィールド

レオン・S・ケネディ

レベッカ・チェンバース

D・C

ダミアン

ナディア

グレン・アリアス

マリア・ゴメス

ディエゴ・ゴメス

アーロン

パトリシオ

 

 

バイオハザードのシリーズが見れるauビデオパス、U-NEXT、Hulu

 

『バイオハザード』シリーズを見てみませんか?

auビデオパス

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス-1024x896 バイオハザード ヴェンデッタ 吹き替え 無料hulu,auビデオパス配信

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-1024x896 バイオハザード ヴェンデッタ 吹き替え 無料hulu,auビデオパス配信auビデオパス一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

U-NEXT

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス-1024x896 バイオハザード ヴェンデッタ 吹き替え 無料hulu,auビデオパス配信

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-1024x896 バイオハザード ヴェンデッタ 吹き替え 無料hulu,auビデオパス配信「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

Hulu

 

「Hulu」は、下記です

 

auビデオパス-1024x896 バイオハザード ヴェンデッタ 吹き替え 無料hulu,auビデオパス配信

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-1024x896 バイオハザード ヴェンデッタ 吹き替え 無料hulu,auビデオパス配信二週間の無料お試しキャンペーンHulu(公式)サイトはこちら

 

バイオハザード ヴェンデッタ 吹き替え 無料の見どころ評価

 

ミラ・ジョボビッチさんを主演女優として始まった、映画『バイオハザード』シリーズ!

これまでに想像もつかないくらいの興行成績をほこるメガヒットシリーズとして認知されてきております。

さて、今回の映画『バイオハザード ヴェンデッタ』は、実写映画ではなく、アニメーション映画となっている点が見どころです!

アニメーションといっても、普通イメージするようなあの「アニメ」ではなく、「CG」のほうですけどね。

しかし、実際の人間が演じるのではないというところはいっしょになります。

CGの『バイオハザード』の映画としては、本作は3作目ですね。

もうひとつの見どころとして、日本を代表するホラー監督である清水崇監督がエグゼクティブ・プロデューサーとして参加することが挙げられます!

これまでに数々の名作を輩出してきた清水崇監督だけに、映画の仕上がりには、あなたもきっと期待できることでしょう!

『バイオハザード』といえば、アクション系だけではなく、ホラー系の作品としても有名ですよね?

もともと『バイオハザード』と清水崇監督、両方のファンであれば、必見の一作であると思います!

さて、キャストでは、D・C役を演じるダンテ・カーヴァーさんに注目です。

ダンテ・カーヴァーさんといえば、名前は知らないという人であっても、顔さえ見れば必ずすぐにわかるはずです。

なぜならば、彼は、ソフトバンクのCM「白戸家」において、兄の「白戸小次郎」を演じていることでよく知られているからです。

このことを聞けば、間違いなく、ほぼすぐに合点がいくのではないでしょうか?

ダンテ・カーヴァーさんは、外国人でありながら、日本を拠点としており、C?以外にも、ドラマや映画に出演をするなど、実に多岐にわたって活躍しています。

もともと芝居に関心があって学んでいたそうですが、来日時にたまたま声をかけられ、そのまま日本の芸能界へと入ることになったのだそうですよ。

 

 

 

バイオハザード ヴェンデッタ 映画のスタッフ

 

監督:辻本貴則

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇

脚本:深見真

音楽:川井憲次

原作監修:小林裕幸

製作/CG制作:マーザ・アニメーションプラネット

ゲーム原作:カプコン

配給:KADOKAWA

 

バイオハザード ヴェンデッタ 映画のあらすじ

 

「BSAA」は、バイオテロに立ち向かうための専門集団です。

そのメンバーであったクリス・レッドフィールドは、ある館へと潜入しました。

その館が武器の密売組織のアジトになっているという情報があったからでした。

クリス・レッドフィールドは、館の内部において、指名手配されていたグレン・アリアスを発見しますが、あることがキッカケになって、結局、惜しくも逃げられてしまうのでした。

さて、レベッカ・チェンバースは、「S.T.A.R.S.」のメンバーから大学教授に転身していました。

彼女が学者として研究していたのは、死者が復活して暴走するという、謎の不気味な事件です。

やがて、レベッカ・チェンバースは、事件にウィルスが関与していたという事実にたどり着きます。

ところが、そんな矢先、彼女は襲われてしまいます。

クリス・レッドフィールドは、彼女を何とか助け出して、「DSO」のメンバーであるレオン・S・ケネディに協力を求めました。

グレン・アリアスがバイオテロのために計画を練っているとクリス・レッドフィールドとレオン・S・ケネディ知ります。

彼らはそれを阻止するために、グレン・アリアスを追っていきます。

 

バイオハザード ヴェンデッタ 映画の感想

 

怖いことに、映画の中だけではなく、現実世界においても、テロ問題は喫緊の課題となっています。

ウィルスをばらまくというバイオテロはとくに怖いですよね。

それだけに、映画『バイオハザード ヴェンデッタ』は、単なるエンターテインメントとしてではなく、ある程度、リアリティーをもって鑑賞できると思います。

こんなことは、映画の中だけにしておいてほしいですね。

クリス・レッドフィールド、レオン・S・ケネディ、そしてレベッカ・チェンバース。

彼らは、グレン・アリアスを捕まえ、バイオテロを防ぐことが出来るのか、結末が気になりますね!

 

バイオハザード ヴェンデッタ 映画のまとめ

 

『バイオハザード』も、映画化されてから、はや10年以上にもなります。

かなり息が長いシリーズですよね。

続編が続けば面白くなくなる傾向もみられるのが映画ですが、そんななか、『バイオハザード』が勢いを保ち続けているのは驚異的と言えます。

これまでと変わらず、いや、さらに進化した最新作を観る機会を、見逃さないようにしたいものですね。