ゴーストインザシェル 動画 映画 無料で見る方法auビデオパスu-next

士郎正宗氏のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を、ハリウッドで実写映画化されました。

オリジナル作品の草薙素子に相当する主人公の少佐を、「アベンジャーズ」「LUCY ルーシー」などアクション映画でも活躍するスカーレット・ヨハンソンが演じ、少佐の上司・荒巻に、映画監督として世界的評価を受けるビートたけしさんが扮します。

 

ゴーストインザシェル公式予告動画

 

ゴースト・イン・ザ・シェル 映画の見どころ

 

実写版で公開される物語は攻殻機動隊シリーズの中でも最も人気の高い『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(S.A.C.)からとされ、”笑い男”(ハッカー)を巡る事件を描いています。

本作の見所といえば、『マイクロチップの魔術師』、『ニューロマンサー』などの影響を受け、『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟に影響を与えるなど、”SF”という名のミームをしっかりと受け取り、今も芽吹かせ続けている、徹底的な設定を背景に練り上げられた世界観でしょう。

2029年あたりの日本、現実の世界とは違うパラレルワールドが舞台です。

知っている方は何箇所もピンと来るはず、原作やアニメ版のオマージュがふんだんに散りばめられています。

 

ゴースト・イン・ザ・シェル 映画のあらすじ

 

ネットに直接アクセスする電脳技術が発達すると共に、人々が自らの身体を義体化(=サイボーグ化)することを選ぶようになった近未来。

脳以外は全て義体化された少佐率いるエリート捜査組織「公安9課」は、サイバー犯罪やテロ行為を取り締まるべく、日夜任務を遂行していました。

そんな中、ハンカ・ロボティックス社の推し進めるサイバー技術の破壊をもくろんだテロ組織による事件を解決すべく、少佐(スカーレット・ヨハンソン)は同僚のバトー(ピルー・アスベック)らと共に捜査にあたるが、事件を調べていくにつれ、自分の記憶が何者かによって操作されていたことに気付きます。

やがて、真の自分の記憶を取り戻していく少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、自身の驚くべき過去と向き合うことになるのです。

 

ゴースト・イン・ザ・シャルの動画視聴ならauビデオパス、U-NEXT、ビデオマーケット

 

auビデオパス

 

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画 映画 無料で見る方法auビデオパスu-next

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画 映画 無料で見る方法auビデオパスu-nextau/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

U-NEXT

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画 映画 無料で見る方法auビデオパスu-next

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画 映画 無料で見る方法auビデオパスu-nextゴースト・イン・ザ・シェルが観れるU-NEXT

 

 

ビデオマーケット

 

「ビデオマーケット」は、下記です

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画 映画 無料で見る方法auビデオパスu-next

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画 映画 無料で見る方法auビデオパスu-next今なら初月無料!映画作品が充実!ビデオマーケット

 

 

ゴースト・イン・ザ・シェル 映画のキャスト

 

ミラ・キリアン少佐/草薙素子(スカーレット・ヨハンソン、CV:田中敦子) バトー(ピルー・アスベック、CV:大塚明夫) 荒巻大輔(ビートたけし) オウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ、CV:山像かおり) クゼ(マイケル・ピット、CV:小山力也) トグサ(チン・ハン、CV:山寺宏一) ラドリヤ(ダヌーシャ・サマル、CV:山賀晴代) イシカワ(ラザルス・ラトゥーエル、CV:仲野裕) サイトー(泉原豊) ボーマ(タワンダ・マニーモ) カッター(ピーター・フェルディナンド、CV:てらそままさき) ダーリン博士(アナマリア・マリンカ、CV:加納千秋) リー(ダニエル・ヘンシャル、CV:坂詰貴之) ダイヤモンド(カイ・ファン・リエック、CV:加藤ルイ) ハイリ(桃井かおり、CV:大西多摩恵) モトコ(山本花織、CV:内野恵理子) ヒデオ(アンドリュー・モリス、CV:今村一誌洋) リア(アジョワ・アボアー、CV:柳瀬英理子) 大統領(クリス・オビ、CV:乃村健次) 芸者ロボット(福島リラ)  トニー(ピート・テオ、CV:蜂須賀智隆) オズモンド博士(マイケル・ウィンコット)

 

ゴースト・イン・ザ・シェル 映画のスタッフ

 

監督:ルパート・サンダース

脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガー

原案:士郎正宗『攻殻機動隊』

製作:アヴィ・アラッド、アリ・アラッド、スティーヴン・ポール、マイケル・コスティガン

製作総指揮:石川光久、藤村哲哉、野間省伸、ジェフリー・シルヴァー

音楽:クリント・マンセル、ローン・バルフェ

撮影:ジェス・ホール

編集:ニール・スミス、ビリー・リッチ

製作会社:ドリームワークス、リライアンス・エンターテインメント、アラッド・プロダクションズ、上海電影集団公司、フアフア・メディア

 

ゴースト・イン・ザ・シェル に出演されているスカーレット・ヨハンソンさんについて

 

スカーレット・ヨハンソンは、今作に出演が決まり、映画制作中、西洋世界のソーシャルメディア上で、アジア人キャラクターの草薙素子役に白人女性のスカーレット・ヨハンソンをキャスティングしていることに対し、激しい議論が起こり、人種的不適当、非白人の役を白人が演じるホワイトウォッシングであるという批判が起こりました。

しかし、日本では、多くの人がハリウッド映画では白人の女優が主役を演じるだろうと考えており、西洋での激しい議論は驚きをもって迎えられていたのです。

アニメ映画『攻殻機動隊』の押井守監督はインタビューで、スカーレット・ヨハンソンの起用は「考えられる最良のキャスティング」であり、そもそも少佐の体も「草薙素子」という名前も生まれつきのものではなく、たとえ少佐がもともと日本人であったとしても、アジア人の女性が演じなければいけないという主張に根拠はない。違う人種の役を演じるのは映画界の慣習であると答えていました。

 

ゴースト・イン・ザ・シェル 映画のまとめ

 

義体やロボットの細かな描写、未来都市の景観は結構緻密に描かれていて、マニアには楽しめる映画となっているのではないでしょうか。

原作を観ていない方でも十分楽しめますが、原作を観るとより一層楽しめる内容となっています。

原作を観て再度本作を観る、というのも新しい発見があり楽しめると思います。