キュウレンジャー 26話 動画 8月20日auビデオパス宇宙戦隊

26話 キュウレンジャー 26話 動画 8月20日auビデオパス宇宙戦隊

 

26話は感情が乏しいナーガが感情を手に入れようとするストーリーです。

26話の情報はのちほど詳しくお伝えします。

前回の小太郎のお母さんとのエピソードなど、見逃した方やもう1度見たい方への見逃し配信の情報もお伝えします。

キュウレンジャーの見逃し配信は無料で見れるauビデオパスが便利ですね。

宇宙戦隊キュウレンジャーって、auビデオパスで見放題なので初回からフル視聴しても、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているためフルに見れますね。

26話 キュウレンジャー 26話 動画 8月20日auビデオパス宇宙戦隊

auビデオパスは、以前はauユーザーだけだったのですが

最近では、docomoやソフトバンクでも見れるキャリアフリーのコンテンツも増えてきました。

auビデオパスの情報も下記にありますで、ご覧くださいね。

 

先に「auビデオパス」の公式サイト確認したい方は下記です

 

↓ ↓

 

(文字をクリックすると「auビデオパス」公式リンクに飛びます)

 

26話 キュウレンジャー 26話 動画 8月20日auビデオパス宇宙戦隊動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

キュウレンジャー第26話動画公式最新話ユーチューブ予告動画

キュウレンジャー26話ネタバレあらすじ「闇の戦士、ヘビツカイメタル」 8月20日(日)放送

ヘビツカイシルバーのナーガは、より強い感情が欲しいと思い悩んでいた。

そんなナーガの前に、フクショーグンのアキャンバーがあらわれる。

人々の感情を解放させる力を持つアキャンバーは、ナーガの中に眠る感情を解放してあげると誘いをかけるのだが…!?

 

宇宙戦隊キュウレンジャー最新話動画無料視聴・見逃し配信「auビデオパス」の解説

宇宙戦隊キュウレンジャーはauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます

宇宙戦隊キュウレンジャーの再放送の動画ですが「auビデオパス」でauユーザーしか見れません。

しかし、auビデオパスは、月額540円+放映中最新ドラマやその他ライブなど(戦隊もの)も無料で見れます。

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、540円も無料です。

ダウンロード再生や高画質、高品質安全に公式にstreaminの再生も楽しめます

毎月540円相当のビデオコインがもらえます。

話題のドラマや映画、アニメが見放題です。

映画館で鑑賞料金が割引されるのですぐに月額料金かえってくるようなものです(^_^)

ちなみに映画館のポップコーンが半額になります。

劇場鑑賞券などのプレゼントもあります。

人気のドラマ・アニメ・映画が見放題!

スマホ、タブレット、パソコン、TVとマルチデバイスに対応しています。

 

「auビデオパス」の公式サイト確認したい方は下記です

 

↓ ↓

 

(文字、画像をクリックすると「auビデオパス」公式リンクに飛びます)

 

26話 キュウレンジャー 26話 動画 8月20日auビデオパス宇宙戦隊動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

キュウレンジャーキャスト

 

◇出演者

シシレッド/ラッキー:岐洲匠 サソリオレンジ/スティンガー:岸洋佑 ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ:山崎大輝 カメレオングリーン/ハミィ:大久保桜子 カジキイエロー/スパーダ:榊原徹士 コグマスカイブルー/佐久間小太郎:田口翔大 エリス:彩川ひなの

 

◇声の出演

オオカミブルー/ガル:中井和哉 テンビンゴールド/バランス:小野友樹 オウシブラック/チャンプ:大塚明夫 ワシピンク/ラプター283:M・A・O リュウコマンダー/ショウ・ロンポー:神谷浩史 ナレーション:木村昴 スコルピオ:久保田悠来

 

◇主題歌

 

オープニング「LUCKYSTAR」 歌:幡野智宏 エンディング「キュータマダンシング!」 歌:松原剛志 ダンス振付:ラッキィ池田

 

宇宙戦隊キュウレンジャーの動画前回までのネタバレ感想

 

20代男性

 

朝の目覚まし代わりに見ているキュウレンジャーですが、人数増えましたね。

今回追加で合計12人となった模様です。

歴代最高人数ではないでしょうか。

それでいながらも、1人1人キャラが立っているところがこの番組の不思議なところです。

さて、12人になった理由はこれだったのか、というのが今回の話でした。

宇宙の時間をつかさどるトケイキュータマを手に入れることが今回のミッション。

これを手に入れるためには、12このゼンマイを30分以内にまかなければいけない。

担当1人1つです。早速、キュウレンジャーはそのキュータマのある星へ乗り込みます。

各人がねじの場所へ散っていくと、そこにはゆかりのある人物が待ち受けていました。

それを攻略しないとねじは巻けない。各人が攻略していく中、スポットは小太郎へ。

小太郎のゆかりのある人物は母親。

番組冒頭でもチラッと触れてましたので、フラグは立っていました。

ねじを巻くと母が消える。

迷う小太郎。

そこへ敵登場。

と同時にミッションを終えたキュウレンジャーたちも登場。

戦闘開始です。

これいいんでしょうか。

確かにヒーローものですが12人対2人です。

もういじめを超えたフルボッコ状態です。

その後はお決まりの巨大化。それに対抗するキュウレンジャーも12人が全部合体。

すごいことになってます。

本来出撃メンバーが絞られているので、これを見れるのは最初で最後になるのでしょうか。

無難に敵を倒し、決意を決めゼンマイを巻く小太郎。消えゆく母。

つらい選択だったでしょう。

全てのねじを巻き終わり、無事にトケイキュータマを手に入れたキューレンジャー。

今度は過去へ飛ぶのか?

 

30代男性

 

近年放映されている戦隊シリーズも親子でいくつか一緒に見てきましたが、過去のシリーズに遅れをとらない面白さです。

個々の葛藤や、勇気、困難を切り開く力など、子供がただ楽しむだけのものでなく、様々なことを考えさせられ、成長できる特撮だと思います。

今までの戦隊が守ってきた世界とは異なる世界で繰り広げられる物語に毎回わくわくしたり、はらはらさせたり見応えのある作品に仕上がっています。

また前回までの初期メンバーは5人以内という法則が覆され、史上初めて初期メンバーから9人という大所帯で、子供たちが気に入っているヒーローもそれぞれです。

お助けキャラとして登場してきたカラーである金と銀がいることも特徴です。

宇宙と星座をモチーフに描かれているところは子供でなくとも、心が踊ります。

一人一人がスーパースターというように、どのキャラクターも魅力的なのですが、特にシシレッドの口癖である「よっしゃ、ラッキー!」は幸運な時だけでなく、不運・不利な状況下であっても、その中でも活路を見いだし、進んでいけることを教えてくれ、とても励まされます。

オープニングソングでもある、ラッキースターも物語の始まりにマッチしていておすすめです。

 

コメントを残す