ミニオンズ 映画 動画 日本語/字幕はauビデオパス/U-NEXT

ミニオンズ 動画 映画地上波フル無料視聴auビデオパスU-NEXT

ということで記事をお伝えします。

 

グルー(CV:スティーヴ・カレル・笑福亭鶴瓶)のロマンス、娘たちを思う父親としての気持ち、そしてなんといっても全てがとにかくかわいいミニオンたちと見どころが満載になっています。

 

 

 

ミニオンズ 動画 映画予告youtube

 

 

ミニオンズ映画動画のあらすじネタバレ

 

ミニオンの生きがいは、その時代の最強で最悪なボスの仲間になること。

だが、いつしかボスがいなくなり、生きる目的を失った仲間を救うべく、3人のミニオンが立ち上がる。

 

ミニオンズ 映画 動画 日本語/字幕はauビデオパスとU-NEXT、ビデオマーケットで配信中

auビデオパス

 

初回30日間無料でお試しできます。

毎月540円相当のビデオコインがもらえます。

一カ月間の無料お試しキャンペーンしている間も新作も楽しめます

話題のドラマや映画、アニメが見放題です。

映画館で鑑賞料金が割引され、ポップコーンが半額になります。

劇場鑑賞券などのプレゼントもあります。

人気のドラマ・アニメ・映画が見放題!

スマホ、タブレット、パソコン、TVとマルチデバイスに対応しています。

外出先でも自宅でも気軽に楽しむことができます。

テレビなら、より大画面・高画質で楽しめます。
Smart TV Box、Smart TV Stick、STW2000、Chromecast、Apple TV、などで楽しめます

 

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス ミニオンズ 映画 動画 日本語/字幕はauビデオパス/U-NEXT

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ミニオンズ 映画 動画 日本語/字幕はauビデオパス/U-NEXTau/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

U-NEXT

 

31日間無料トライアルがあります。

劇場公開&放送から間もない最新作が多数配信されています。

U-NEXTは全作品ダウンロード再生が可能です。

通信費やネット環境を気にすることなく視聴できます。

毎月2,000本以上更新され、120,000本以上が配信されています。

雑誌・コミック・書籍は200,000冊以上が読めます。

映像は、高画質HD(1080p)配信に対応しています。

テレビの大画面でも、クリアで美しい映像を楽しめます。

テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット 、ゲーム機のデバイスに対応しています。

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス ミニオンズ 映画 動画 日本語/字幕はauビデオパス/U-NEXT

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ミニオンズ 映画 動画 日本語/字幕はauビデオパス/U-NEXTミニヨンズが見れるU-NEXT

 

 

ビデオマーケット

 

国内最大級17万本以上の動画が楽しめるVODサービスです。

料金体系は月額500円(税抜き)のプレミアムコース。

こちらのコースでは毎月540ポイントがされ
お好きな動画をチョイスして視聴出来ます。

あなたの見たい作品は必ずビデオマーケットにある
低価格で楽しめる、始められるオンデマンドサービスです。

プレミアム&見放題コース
月額980円(税抜き)で見放題作品が視聴できます。

毎月540ポイントがされ、見放題以外の作品も視聴可能です

 

「ビデオマーケット」は、下記です

 

auビデオパス ミニオンズ 映画 動画 日本語/字幕はauビデオパス/U-NEXT

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ミニオンズ 映画 動画 日本語/字幕はauビデオパス/U-NEXT今なら初月無料!映画作品が充実!ビデオマーケット

 

 

ミニオンズ映画動画のキャスト

 

ミニオン・ケビン(CV:ピエール・コフィン、多田野曜平)

ミニオン・スチュアート(CV: ピエール・コフィン、青山穣)

ミニオン・ボブ(CV:ピエール・コフィン、佐藤せつじ)

スカーレット・オーバーキル(CV: サンドラ・ブロック、天海祐希)

ハーブ・オーバーキル(CV: ジョン・ハム、宮野真守)

エリザベス女王(CV: ジェニファー・ソーンダース、雨蘭咲木子)

グルー(CV: スティーヴ・カレル、笑福亭鶴瓶)

 

ミニオンズ映画ののスタッフ

 

監督:ピエール・コフィン(英語版)、カイル・バルダ

脚本:ブライアン・リンチ

原案:セルジオ・パブロス(英語版)

製作:クリス・メレダンドリ(英語版)、ジャネット・ヒーリー

 

ミニオンズシリーズ 映画の感想

 

怪盗グルーシリーズで大人気の、バナナが大好きな黄色い可愛い生物たち、ミニオン達を主人公にした映画です。

今までの映画で語られなかったミニオン達の過去や謎が分かり、驚かされます。

ミニオンはネファリオ博士の実験で生み出された生物だと思っていたので、実は人類が生まれるより前、太古の昔から存在していたのは意外でした。

強くて悪いボスが何より大好きだというミニオン達が、恐竜をボスにしたり、原始人をボスにしたりしていた歴史が語られて興味深いです。

そしてボスを失って活気を失ったミニオン達の中から、ケビン、スチュアート、ボブが代表して新たなボスを探す旅に出ることになります。

見分けがつきにくいミニオン達ですが、この3人は見た目も性格もちゃんと区別がつくようになっています。

しっかりもので面倒見のいいケビン、クールでわが道を行くスチュアート、幼くて無邪気なボブ。

この3人の性格や関係が、グルーの養女のマーゴ、イディス、アグネスの3姉妹と似ているのも面白いです。

とにかくミニオン達が表情豊かで可愛いので、彼らを見ているだけでも楽しいです。

特に、一番小さいボブの愛らしさがたまりません。

そんな彼らが、悪党のスカーレットを相手に、トタバタ劇を繰り広げ、大活躍します。

物語の最後には、怪盗グルーシリーズを見ている人が思わずにやりとしてしまうような展開もあり、とても面白い映画でした。

 

ミニオンズシリーズ映画の魅力

 

結婚したとたんに落ち着いてしまい、新たに怪盗バルタザール・ブラットグルーが出てきて自由奔放に盗みを働き、彼を捕まえようとしたのだがグルーは逃してしまい、自信を失うところから話が始まります。

 

ある日、生き別れた兄弟から手紙がきて会いたいと書かれていたことから、グルーをはじめ3姉妹とルーシーも一緒に兄弟であるドルーに会いに行くことになる。

 

ただルーシーも3姉妹の母親として家庭に馴染むのに一生懸命で、ちょっとしたことで一人でクヨクヨと悩み、娘たちは自由奔放ながらも母親の立場となったルーシーにどのように接すればよいのかと思ってしまう。

またグルーは生き別れた兄弟に会い、双子ということからそっくりなものの、怪盗といわれていた父親の財産を受け継ぎ豪華に暮らし、髪の毛も生えていて身なりの良い服装をしていることから、自分との違いに戸惑ってしまう。

そしてドリーは父親の財産を継いだけど悪党としての才能がなく、父親から一目置かれていたドリーをうらやましく感じている。

 

一方でミニオンたちは結婚してからのグルーに不満を持ち、自ら悪党として動いたものの失敗して刑務所へと入ってしまう。

 

今回は、それぞれの立場で悩み、自信のなさが感じる場面もあるのだが、最後はグルーとルーシーと3姉妹+グルーが力を合わせることによって、怪盗バルタザール・ブラットグルーに立ち向かうシーンは、ちょっとした家族愛を感じます。

 

またミニオンたちも自由奔放に動いているのだが、いったん離れていても最後はグルーの元に戻ってしまうので、愛がテーマかなと思ってしまいました。

 

コメントを残す