ペット 映画 動画 吹き替え daily無料auビデオパスビデオマーケット

大ヒットを記録した人気アニメーション映画『ミニオンズ』を制作したイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組み製作した『ペット』。

『ペット』の魅力は、飼い主が留守中のペットたちの裏側をユーモラスに描いたストーリーもさることながら、個性的でかわいいオリジナルキャラクターの存在もそのひとつとなっています。

 

ペット 映画 動画 吹き替えauビデオパス、U-NEXT、ビデオマーケット

 

auビデオパス

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス ペット 映画 動画 吹き替え daily無料auビデオパスビデオマーケット

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ペット 映画 動画 吹き替え daily無料auビデオパスビデオマーケットau/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

U-NEXT

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス ペット 映画 動画 吹き替え daily無料auビデオパスビデオマーケット

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ペット 映画 動画 吹き替え daily無料auビデオパスビデオマーケットペットの映画が見れるU-NEXT

 

 

ビデオマーケット

「ビデオマーケット」は、下記です

 

ビデオマーケットは国内最大級17万本以上の動画が楽しめるVOD(動画配信)サービスです。

レンタル店より早く見れる作品もあります。

放送中のドラマの見逃し配信や国内外のドラマや映画、アニメ、バラエティ、グラビア、スポーツなど多彩なジャンルが楽しめます。

テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンでいつでもどこでも楽しめます。

ビデオマーケットには『プレミアムコース』と『見放題&プレミアムコース』の2コースがあります。
プレミアムコースは月額料金500円(税抜き)でお好きな作品を単品購入するスタイルです。

毎月540ポイントがもらえ、このポイントでお好きな作品が購入できます。
見放題&プレミアムコースは月額料金980円(税抜き)で単品購入+20,000本の作品が見放題です。

毎月540ポイントがもらえ、このポイントでお好きな作品が購入できます。

 

「ビデオマーケット」は、下記です

 

auビデオパス ペット 映画 動画 吹き替え daily無料auビデオパスビデオマーケット

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ペット 映画 動画 吹き替え daily無料auビデオパスビデオマーケット今なら初月無料!映画作品が充実!ビデオマーケット

 

 

ペット 映画の見どころ

 

動物好きの人も、そうでない人も、愛らしいとってもキュートなキャラクターたちを見れば、何度も観たいと思うかもしれません。

ネコのクロエ(レイク・ベル/永作博美)が冷蔵庫を開けてチキンを食べるかどうか迷っているシーンや、ダックスフンドが電動ミキサーでマッサージを受けているシーンは、最高に笑えて楽しめる場面となっています。

また、飼い主が出て行った瞬間にクラシック音楽からロックに変えて、激しくダンスをするシーンは何度見ても飽きません。

ちなみにこのロックミュージックは、システム・オブ・ア・ダウンというバンドの『Bounce』という曲です。

本作のストーリー、実は「持ち主の子どもたちがいない間、おもちゃは何をしているの!?」というのが、そもそものコンセプトだった『トイ・ストーリー』が発端なんです。

『トイ・ストーリー』は、新しいおもちゃとしてスペースレンジャーのバズが現れたことで、昔からいるリーダー的存在のウッディーが心中穏やかではなくなってしまうものの、ある試練を前に2人が協力して絆を深めていくという物語です。

本作はこれとまったく同じ展開で、『トイ・ストーリー』の動物版と言っても過言ではありません。

 

ペット 映画のあらすじ

 

物語はマンハッタンのアパートメントで起こります。

飼い主が新たに連れてきた雑種犬デュークの存在が気に入らない主人公犬マックスは、デュークとの間でギクシャクした関係を抱えてしまいます。

さらにウサギのスノーボールが、飼い主に見捨てられたペットたちを集めて軍団を結成し、身勝手な飼い主と、毎日をのんきに過ごしている幸せなペットたちに復讐をしようと企んでいることが判明します。

事態を未然に防ごうと奮闘するマックスたちの愉快な物語が始まります。

 

ペット 映画のキャスト

マックス(ルイ・C・K/設楽統:バナナマン)、デューク(エリック・ストーンストリート/日村勇紀:バナナマン)、スノーボール(ケヴィン・ハート/中尾隆聖)、オゾン(スティーヴ・クーガン/山寺宏一)、ケイティ(エリー・ケンパー/佐藤栞里)、メル(ボビー・モイニハン/かぬか光明)、クロエ(レイク・ベル/永作博美)、ポップス(ダナ・カーヴィ/銀河万丈)、バディ(ハンニバル・バーエス/青山穣)、ギジェット(ジェニー・スレイト/沢城みゆき)、タイベリアス(アルバート・ブルックス/宮野真守)、スイートピー(タラ・ストロング)、ノーマン(クリス・ルノー/梶裕貴)

 

ペット 映画のスタッフ

 

監督:クリス・ルノー、ヤーロー・チーニー

脚本:ブライアン・リンチ、シンコ・ポール、ケン・ドーリオ

製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヘーリー

音楽:アレクサンドル・デスプラ

編集:ケン・シュレッツマン

製作会社:イルミネーション・エンターテインメント

配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

 

ペット に出演されているバナナマンさんについて

 

『ペット』の日本語吹き替え版で主要キャラクターの声優に抜擢されたのがお笑いコンビバナナマンのおふたりです。

映画『ミニオンズ』でも声優を務めていたおふたりに、クリス監督が直々にオファーして今回の出演が決まったといいます。

バナナマンの二人は仲がいい事でも知られており、設楽さんはたびたび、「日村勇紀の面白さを世に伝えることが自分の使命」と公言しています。

現在、レギュラー番組を10本持っており、芸人という枠を超えて司会者として確立しています。

 

ペット 映画のまとめ

 

2016年は『ズートピア』、『カンフーパンダ3』、『ファインディング・ドリー』など多くのアニマル映画が作られ上映されました。

日本では猫飼育頭数が犬を史上初めて上回るなど、時代はまさに動物革命の時代です。

そんな動物革命の時代のなか『ペット』は動物映画としては最高の興行収入をあげており、『ズートピア』の5万3000ポンド、『カンフーパンダ3』の4万7700ポンドなどに対して、『ペット』は9万5800ポンドを計測しており、これは2016年動物映画では最高を記録しています。

ペットたちの裏の顔がかわいすぎる本作ですが、なんと早くも続編の製作が決定し、映画『ペット』の続編は2018年7月に全米公開予定です。

 

コメントを残す