こいさいか 映画 動画 無料視聴する方法auビデオパスやU-NEXT、ビデオマーケット

テレビドラマ「家政婦のミタ」「偽装の夫婦」など数々の話題作を送り出してきた人気脚本家・遊川和彦さんの初監督作となる本作は、作家・重松清さんの小説「ファミレス」を脚色し、子供が独立して二人きりになった夫婦が、家族の在り方を模索していくさまがコミカルに展開するストーリーです。

 

熟年離婚の危機に瀕した主人公には阿部寛さん、その妻をテレビドラマ「女王の教室」など遊川脚本作品に出演経験のある天海祐希さんが演じます。

 

恋妻家宮本映画の動画が無料視聴できるのはauビデオパス、「U-NEXT(ユーネクスト)」、ビデオマーケットなどです

 

ビデオマーケットはボクらの勇気 未満都市2017見れます

 こいさいか 映画 動画 無料視聴する方法auビデオパスやU-NEXT、ビデオマーケット

 

恋妻家宮本 映画の見どころ

 

あまり耳にしたことがない「恋妻家」という言葉は、「妻を愛し続ける」という夫婦の理想的なあり方ではなく、「妻に恋をし続ける」という新しいあり方を示した遊川監督による造語だそうです。

本作は人気小説作家である重松清さんの『ファミレス』(日本経済新聞出版社刊)に遊川監督が大胆な脚本を加えたものになっており、現代の家族の物語を斬新な切り口から世に送り出し続けてきた監督による大人の夫婦の心温まる物語になっています。

また、阿部寛さんと天海祐希さんがダブル主演という事で注目も集まり、どのような夫婦を演じられるのかも見どころの一つとなっています。

さらに、キャスト陣も豪華であり、菅野美穂さんや佐藤二朗さん、相武紗季さん、早見あかりさんなどが脇を固めています。

 

恋妻家宮本の映画動画の視聴はビデオマーケット、auビデオパス、U-NEXT

 

ビデオマーケット

「ビデオマーケット」は、下記です

 

ビデオマーケットは国内最大級17万本以上の動画が楽しめるVOD(動画配信)サービスです。

レンタル店より早く見れる作品もあります。

放送中のドラマの見逃し配信や国内外のドラマや映画、アニメ、バラエティ、グラビア、スポーツなど多彩なジャンルが楽しめます。

テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンでいつでもどこでも楽しめます。

ビデオマーケットには『プレミアムコース』と『見放題&プレミアムコース』の2コースがあります。
プレミアムコースは月額料金500円(税抜き)でお好きな作品を単品購入するスタイルです。

毎月540ポイントがもらえ、このポイントでお好きな作品が購入できます。
見放題&プレミアムコースは月額料金980円(税抜き)で単品購入+20,000本の作品が見放題です。

毎月540ポイントがもらえ、このポイントでお好きな作品が購入できます。

 

「ビデオマーケット」は、下記です

 

 こいさいか 映画 動画 無料視聴する方法auビデオパスやU-NEXT、ビデオマーケット

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

 こいさいか 映画 動画 無料視聴する方法auビデオパスやU-NEXT、ビデオマーケット今なら初月無料!映画作品が充実!ビデオマーケット

 

 

auビデオパス

「auビデオパス」は、下記です

 

 こいさいか 映画 動画 無料視聴する方法auビデオパスやU-NEXT、ビデオマーケット

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

 こいさいか 映画 動画 無料視聴する方法auビデオパスやU-NEXT、ビデオマーケットau/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

U-NEXT

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

 こいさいか 映画 動画 無料視聴する方法auビデオパスやU-NEXT、ビデオマーケット

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

 こいさいか 映画 動画 無料視聴する方法auビデオパスやU-NEXT、ビデオマーケット恋妻家宮本の映画が観れるU-NEXT

 

 

恋妻家宮本 映画のあらすじ

 

子供が独り立ちした中学教師の宮本陽平(阿部寛)と妻・美代子(天海祐希)は、25年ぶりに訪れた夫婦二人きりの生活に困惑してしまうのでした。

ある夜、妻側の記入欄がきっちり記載された離婚届を見つけた陽平(阿部寛)は激しく動揺するが、美代子(天海祐希)に意図を聞き出すこともできず悶々とした日々を過ごします。

混乱しながらも陽平(阿部寛)は、料理教室の仲間や教え子と関わる中で家族の在り方を見つめ直していくのです。

 

恋妻家宮本 映画のキャスト

宮本陽平(阿部寛、大学時代:工藤阿須加)、宮本美代子(天海祐希、大学時代:早見あかり)、五十嵐真珠(菅野美穂)、門倉すみれ(相武紗季)、井上尚美(奥貫薫)、五十嵐幸次(佐藤二朗)、井上礼子(富司純子)、宮本正(入江甚儀)、宮本優美(佐津川愛美)、井上克也(浦上晟周)、菊池原明美(紺野彩夏)、井上エミ(豊嶋花)、陽平の母(渡辺真起子)、陽平の父(関戸将志)、時森(柳ゆり菜)

 

恋妻家宮本 映画のスタッフ

 

原作:重松清『ファミレス』

監督・脚本:遊川和彦

製作:中村理一郎、市川南

共同製作:高橋誠、茂田遥子、大川ナオ、堀内大示、市村友一、吉川英作、荒波修

プロデューサー:福山亮一、三木和史

共同プロデューサー:上田太地

劇中歌:吉田拓郎

音楽:平井真美子

撮影:浜田毅

照明:高屋齋

録音:南徳昭

美術:金勝浩一

装飾:高畠一朗

編集:村上雅樹

音響効果:斎藤昌利

VFX:小坂一順

衣装:片柳利依子

ヘアメイク:小泉尚子、原田ゆかり

スクリプター:八木美智子

助監督:菅原丈雄

製作担当:今井尚道

ラインプロデューサー:本島章雄

配給:東宝

制作プロダクション:ビデオプランニング

製作:映画「恋妻家宮本」製作委員会(電通、東宝、KDDI、ビデオプランニング、茂田オフィス、研音、KADOKAWA、朝日新聞社、日本出版販売、GYAO)

 

恋妻家宮本 に出演されている阿部寛さんについて

 

阿部寛さんは大学在学中、「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募し優勝し以降、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍されていました。

1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビューし、不遇の時代がありながらも再ブレイクを果たし、今や映画界での中心人物となっています。

2008年2月に一般人の女性と入籍し2011年6月23日、47歳にして第1子(長女)が誕生、2012年11月1日、48歳に第2子(次女)が誕生しました。

今後の出演作予定として、映画『空海 -KUKA』 (2018年公開予定)、『北の桜守 』(2018年春公開予定)があります。

 

恋妻家宮本 映画のまとめ

 

本作は、第40回モントリオール世界映画祭“ファースト・フィルムズ・ワールド・コンペティション部門”にて『恋妻家宮本』が上映され、遊川和彦監督と天海祐希さんが現地のカナダで舞台挨拶を行いました。

 

上映中、阿部寛さんと天海祐希さんが繰り広げるコミカルなシーンには、観客から大きな笑いが巻き起こり、夫婦の心温まるシーンでは、感嘆の声とすすり泣く声が聞こえるなど、常に観客の反応が絶えない、賑やかな上映となったようです。

 

エンドロールから上映終了にかけて、5分以上に渡って拍手喝采が鳴り止まず、「ブラボー!」という歓声が場内に響き渡ったそうです。

 

海外でも称賛された本作は、全世界が共感出来る夫婦のテーマになっていると感じます。

 

コメントを残す