ゴーストインザシェル 動画フル無料視聴の方法auビデオパスU-NEXT

ゴーストインザシェル 動画フル無料視聴の方法のauビデオパス、「U-NEXT(ユーネクスト)」、ビデオマーケットなどの情報やキャスト見どころ

 

 

みなさんは、漫画が原作の映画はお好きでしょうか。

最近、映画でもドラマでも、そういう作品がヒットしていますよね。

さて、今回取り上げさせていただくのは、そういう好みがある方なら絶対に見逃したくない作品。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』になります!

これも例によって漫画が原作という映画作品です。

しかし、一般的な漫画の実写化とはちょっと違うんですよね。

いったい、どういうことなのかということについては、これからご説明していきたいと思います!

 

 ゴーストインザシェル 動画フル無料視聴予告動画

 

 

ゴーストインザシェル 映画動画フル無料視聴の見どころ

 

すでに述べましたように、『ゴースト・イン・ザ・シェル』は漫画作品の実写化映画です。

どこが普通の漫画原作映画と違うのかということですが、実は本作、日本の漫画をハリウッドで実写化したというものなのです!

日本の漫画を日本で実写化、アメコミをハリウッドで実写化というなら、いくらでも例があります。

でも、こういうパターンはめずらしいのではないでしょうか。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』の原作とは、士郎正宗さん原作の漫画、『攻殻機動隊』。

こういった経緯だけに、『攻殻機動隊』が好きな方はもとより、普通のハリウッド映画ファンでも楽しめるという、かなりお得な作品なのです!

キャストにビートたけしさんなど日本人がいるところも要チェックですよ!

 

 

ゴーストインザシェル 映画動画フル無料視聴する方法auビデオパス、U-NEXT、ビデオマーケット

 

auビデオパス

 

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画フル無料視聴の方法auビデオパスU-NEXT

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画フル無料視聴の方法auビデオパスU-NEXTau/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

U-NEXT

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画フル無料視聴の方法auビデオパスU-NEXT

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画フル無料視聴の方法auビデオパスU-NEXTゴースト・イン・ザ・シェルが観れるU-NEXT

 

 

ビデオマーケット

 

「ビデオマーケット」は、下記です

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画フル無料視聴の方法auビデオパスU-NEXT

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス ゴーストインザシェル 動画フル無料視聴の方法auビデオパスU-NEXT今なら初月無料!映画作品が充実!ビデオマーケット

 

 

 

 

ゴースト・イン・ザ・シェル映画のあらすじとネタバレ

 

舞台となるのは近未来。

人類は脳以外ならサイボーグになれるという時代になっていました。

そんななか、ハンカ・ロボティクス社によって、これを利用した人間の兵器が開発されていました。

サイボーグであるミラ・キリアン少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、テロ対策任務にあたっていました。

しかし、その最中にハンカ・ロボティクス社のオズモンド博士(マイケル・ウィンコット)がロボットに襲われるという事件が発生。

一方、ミラ・キリアン少佐は、幻覚に悩まされてもいたのです。

さて、調査した結果、オズモンド博士を襲ったロボットを操っていたクゼ(マイケル・ピット)という人物が浮上します。

カッター(ピーター・フェルディナンド)から指示を受けたミラ・キリアン少佐は、ハンカ・ロボティクス社へ向かうことになります。

彼女は、ハンカ・ロボティクス社のオウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ)から自身の問題について励ましを受け、その後、テロリストについて情報を得ることに成功します。

しかし、やがてミラ・キリアン少佐は、自身の記憶が誰かによって操られていることに気づいていくのでした。

ゴースト・イン・ザ・シェル映画のキャスト

 

ミラ・キリアン少佐(スカーレット・ヨハンソン)

バトー(ピルー・アスベック)

荒巻大輔(ビートたけし)

オウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ)

 

クゼ(マイケル・ピット)

トグサ(チン・ハン)

ラドリヤ(ダヌーシャ・サマル)

 

イシカワ(ラザルス・ラトゥーエル)

サイトー(泉原豊)

ボーマ(タワンダ・マニーモ)

カッター(ピーター・フェルディナンド)

ダーリン博士(アナマリア・マリンカ)

リー(ダニエル・ヘンシャル)

ダイヤモンド(カイ・ファン・リエック)

ハイリ(桃井かおり)

モトコ(山本花織)

ヒデオ(アンドリュー・モリス)

リア(アジョワ・アボアー)

大統領(クリス・オビ)

芸者ロボット(福島リラ)

トニー(ピート・テオ)

オズモンド博士(マイケル・ウィンコット)

 

 

ゴースト・イン・ザ・シェル映画の監督、曲などのスタッフ

 

監督:ルパート・サンダース

脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガー

原案:士郎正宗

製作:アヴィ・アラッド、アリ・アラッド、スティーヴン・ポール、マイケル・コスティガン

製作総指揮:石川光久、藤村哲哉、野間省伸、ジェフリー・シルヴァー

音楽:クリント・マンセル、ローン・バルフェ

撮影:ジェス・ホール

編集:ニール・スミス、ビリー・リッチ

 

ゴースト・イン・ザ・シェルに出演(キャスト)のスカーレット・ヨハンソンさんについて

 

ミラ・キリアン少佐役を演じるスカーレット・ヨハンソンさんは、幼少時に舞台子役として芸能界デビュー。

子供のころから女優として注目を集めていき、『ロスト・イン・トランスレーション』、『真珠の耳飾りの少女』、『ママの遺したラヴソング』などでブレイク。

ヴェネツィア国際映画祭ブレイク女優賞を受賞し、英国アカデミー賞主演女優賞にノミネートもされるなどして、さらに注目を集めていきました。

一方、彼女は、女優としてだけではなく、歌手としても活躍しています。

デビュー作がトム・ウェイツさんのカバーアルバムだったということでも大変話題になりました。

スカーレット・ヨハンソンさんの女優活動も歌手活動も、それぞれ応援していきたいものですね。

 

ゴースト・イン・ザ・シェル映画のみどころ

 

日本の漫画がハリウッドで実写作品になったことは、やはり大変興味深いことだと思います。

しかし、『ゴースト・イン・ザ・シェル』はあらすじのほうも非常に興味深いですよね。

人間のサイボーグ化そのものはめずらしい設定ではありません。

が、ミラ・キリアン少佐の幻覚症状や外部からの操作といった記憶に関する問題は、普通のエンターテインメントを超えた深みを感じます。

ハリウッド版には原作とは異なった趣もあるでしょうから、『攻殻機動隊』を読んだ方も、まったく話を知らない方も、ご覧になることをおすすめいたします!

 

 

 

コメントを残す