キュウレンジャー 動画 26話 無料見逃し配信auビデオパス宇宙戦隊

-2 キュウレンジャー 動画 26話 無料見逃し配信auビデオパス宇宙戦隊

 

先週は小太郎の亡くなったお母さんが出てきて、小太郎がネジを巻くとお母さんが消えてしまうという悲しい内容でしたね。

宇宙戦隊キュウレンジャーは、8月20日に第26話が放送されます。

キュウレンジャーの動画第26話はauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます

宇宙戦隊キュウレンジャーは、スーパー戦隊シリーズの41作目となります。

 

スーパー戦隊シリーズ、本当に歴史の長い人気の戦隊ものですね。

 

今回のキュウレンジャーには驚かれたファンの多かったのではないでしょうか?

 

メンバーも落ち着き、最近ではメンバーにまつわるエピソードが多いですね。

 

中にはちょっと泣けるエピソードなどもあって、目が離せません。

 

そんなキュウレンジャーを見逃した方や、もう1度見たい方にお奨めなのがauビデオパスです。

 

-2 キュウレンジャー 動画 26話 無料見逃し配信auビデオパス宇宙戦隊

auビデオパスは、以前はauユーザーだけでしたが、最近ではdocomoやソフトバンクでも見れるキャリアフリーのコンテンツも増えてきました。

「auビデオパス」の公式サイト確認したい方は下記です

 

↓ ↓

 

(文字をクリックすると「auビデオパス」公式リンクに飛びます)

 

-2 キュウレンジャー 動画 26話 無料見逃し配信auビデオパス宇宙戦隊動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

本記事では

①宇宙戦隊キュウレンジャーの第26話予告動画公式youtube

②宇宙戦隊キュウレンジャーの動画26話あらすじネタバレキャスト

③宇宙戦隊キュウレンジャーの前回までのあらすじネタバレ

④宇宙戦隊キュウレンジャーの感想

ということで記事をお伝えします。

 

宇宙戦隊キュウレンジャー動画第26話公式最新話ユーチューブ予告動画

 

 

宇宙戦隊キュウレンジャー動画26話あらすじネタバレ

 

-2 キュウレンジャー 動画 26話 無料見逃し配信auビデオパス宇宙戦隊

 

ナーガは、惑星トキでそれぞれの思い入れの強い人物が現れた際、自分だけ誰も出てこなかったことに思い悩んでいた。

より強く感情が欲しいと願うようになったナーガの前に、フクショーグンのアキャンバーが現れる。

人々の感情を解放させる力を持つアキャンバーは、ナーガの中に眠る感情を解放してあげると誘いをかける。

実はヘビツカイ座系の一族が感情を捨てたのには理由があった。

アキャンバーはそれを利用しようとしていたのだ。そうとは知らないナーガは…

 

宇宙戦隊キュウレンジャー動画第26話無料視聴・見逃し配信「auビデオパス」とはどうのようなものか

宇宙戦隊キュウレンジャーはauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます

宇宙戦隊キュウレンジャーの再放送の動画ですが「auビデオパス」でauユーザーしか見れません。

しかし、auビデオパスは、月額540円+放映中最新ドラマやその他ライブなど(戦隊もの)も無料で見れます。

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、540円も無料です。

ダウンロード再生や高画質、高品質安全に公式にstreaminの再生も楽しめます

毎月540円相当のビデオコインがもらえます。

話題のドラマや映画、アニメが見放題です。

映画館で鑑賞料金が割引されるのですぐに月額料金かえってくるようなものです(^_^)

ちなみに映画館のポップコーンが半額になります。

劇場鑑賞券などのプレゼントもあります。

人気のドラマ・アニメ・映画が見放題!

スマホ、タブレット、パソコン、TVとマルチデバイスに対応しています。

「auビデオパス」の公式サイト確認したい方は下記です

 

↓ ↓

 

(文字、画像をクリックすると「auビデオパス」公式リンクに飛びます)

 

-2 キュウレンジャー 動画 26話 無料見逃し配信auビデオパス宇宙戦隊動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

宇宙戦隊キュウレンジャーキャスト

 

◇出演者

シシレッド/ラッキー:岐洲匠 サソリオレンジ/スティンガー:岸洋佑 ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ:山崎大輝 カメレオングリーン/ハミィ:大久保桜子 カジキイエロー/スパーダ:榊原徹士 コグマスカイブルー/佐久間小太郎:田口翔大 エリス:彩川ひなの

 

◇声の出演

オオカミブルー/ガル:中井和哉 テンビンゴールド/バランス:小野友樹 オウシブラック/チャンプ:大塚明夫 ワシピンク/ラプター283:M・A・O リュウコマンダー/ショウ・ロンポー:神谷浩史 ナレーション:木村昴 スコルピオ:久保田悠来

 

◇スタッフ

原作:八手三郎 脚本:毛利亘宏 音楽:山下康介 アクション監督:福沢博文 特撮監督:佛田洋 監督:杉原輝昭

◇主題歌

 

オープニング「LUCKYSTAR」 歌:幡野智宏  エンディング「キュータマダンシング!」 歌:松原剛志 ダンス振付:ラッキィ池田

 

宇宙戦隊キュウレンジャーの前回までのあらすじネタバレ

 

前回はこたろうくんの亡くなったお母さんが出てきて、こたろうくんの心の葛藤が描かれていました。

ネジを回さなければいけないのに、ネジを回すとお母さんが消えてしまうという悲しい展開になっています。

こたろうくんが子どもなので、なんて酷な設定と思ってしまいましたが、子どもだからこそお母さんを思う気持ちがすごく伝わってきて、ダークマターを倒したいという気持ちの強さを感じました。

お母さんにコグマスカイブルーになって闘っている姿を見てもらえ、本当に良かったと思いました。

最後にお母さんに絶対に宇宙を救ってみせるからと叫ぶシーンは、とても感動しました。

全体的に感動的な流れでしたが、ワシピンクの葛藤は面白かったです。

さすが妄想女子だけあって、みんなに結婚を申し込まれるという設定です。

「選べませーん。」と困っている姿がかわいくて面白かったです。

でも、ちゃんとネジを回して、大人女子の一面を覗かせていました。

ナーガが一人だけ誰も出てこなくて、あれっ?と思ったけど、予告まで見るとこれが次に繋がる布石なんだなぁと思いました。

ナーガの心の闇である感情が分からないというのは難しいテーマだと思うので、どのような心の成長が見られるのか、26話が楽しみです。

 

宇宙戦隊キュウレンジャーの感想

 

スーパー戦隊第41作品目「宇宙戦隊キュウレンジャー」は今までのスーパー戦隊とは違い話の舞台が宇宙、敵組織が最初から宇宙を侵略済み、初期メンバー9人、現時点でメンバー12人と非常に大所帯な戦隊で番組視聴前は「初期メンバー9人って話進むのか?

メンバーによって出番に差が出るんじゃないのか?

ロボット戦はどうするのか?」という心配がありましたが各キャラクター全員が個性的だったり毎回の出撃をルーレットで決めたりとメンバーに差がないよう設定に工夫が施されているので「このキャラだけが目立っている」という感じにはならない戦隊です。

その上メンバー全員が人間では無く獣人がいたりアンドロイドがいたりと今までにはない「斬新さ」や「新しさ」が楽しめます。

今までの戦隊から受け継がれてきた「勧善懲悪」「チームの絆」といったコンセプトは変えずとオールドファンも楽しめる作品となっています。

また戦隊の醍醐味である専用ロボも組み替え自由であり毎回ごとによってバリエーション豊富な戦いやロボの形態が楽しめます。

物語も中盤となってきましたがダレることなくテンポ良く話が進んでいて、その戦隊のコンセプトをフルで生かし続けているので一年間存分に楽しめそうだなと感じます。