ジュラシックパーク 動画 映画 無料字幕吹き替えビデオパスhulu

ジュラシックパーク 動画 映画 無料字幕吹き替えビデオパスhuluU-NEXT

先日2017年7月28日金曜ロードショー(金曜ロードSHOW)でジュラシックパークが放送されましたが見逃した方はいませんか

早速次はジュラシックパーク2ですよね

実はVODサービスの無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます。

Hulu(フ―ルー・フル)、「auビデオパス」、「U-NEXT(ユーネクスト)」で無料視聴可能です

 

 

 

ジュラシックパーク 動画 映画見れるauビデオパス,U-NEXT、Hulu

 

auビデオパス

 

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス-300x123 ジュラシックパーク 動画 映画 無料字幕吹き替えビデオパスhulu

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-300x123 ジュラシックパーク 動画 映画 無料字幕吹き替えビデオパスhuluauビデオパス一カ月間の無料お試しキャンペーン公式サイトはこちら

 

 

U-NEXT

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス-300x123 ジュラシックパーク 動画 映画 無料字幕吹き替えビデオパスhulu

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-300x123 ジュラシックパーク 動画 映画 無料字幕吹き替えビデオパスhulu「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

Hulu

 

「Hulu」は、下記です

 

 

auビデオパス-300x123 ジュラシックパーク 動画 映画 無料字幕吹き替えビデオパスhulu

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-300x123 ジュラシックパーク 動画 映画 無料字幕吹き替えビデオパスhulu二週間の無料お試しキャンペーンhulu

 

 

ジュラシックパーク 動画 映画の見どころ評価1作目

 

世界的大富豪であるジョン・ハワードは考古学者の協力の元に、本物の恐竜がいるテーマパークを始めることにしました。

そこで最新テクロノジーを活用したこのテーマパークのオープンにあたって、多方面分野で活躍している人物から意見をもらうために呼ばれたのが主人公達です。

しかし施設で働くエンジニアがこの恐竜達を売ろうと悪だくみしたのがきっかけで、テーマパークは恐怖の場所に変わっていきます。

 

「恐竜の映画」と言えばやはりこの作品ですね、SF映画でありながら現実離れもし過ぎていないので、スリリング感だけで終わらず「近い未来恐竜は復活できるかもしれない」という夢も子供たちに与えた作品といえます。

かなり古い映画ですが良く作り込まれていて、今見ても恐竜などに違和感を感じないで世界観に没入させてくれるのがスピルバーグ監督の凄さですね。

自作からのシリーズと比べるとシンプルなストーリー性ですが、だからこそ何度も見たくなるような完成された作品だと思います。

主人公たちは基本的に恐竜と戦うわけではなくて、あくまで逃げに徹しなければいけない雰囲気は緊張感を与えてくれます。

そして何よりこの作品の良さは、最後の結末といい自然のままの恐竜らしさ(弱肉強食など)が出ているのが良いと思います。

他の映画で例えるなら「ジョーズ」と「ディープブルー」の鮫の違いで、あくまでも凶暴な動物のまま何か知能が特別に高いとかではないので、より自然な恐怖感があり尚且つ時代によらない普遍的な生命のテーマをこの映画は呈示してくれています。

 

ジュラシックパーク 映画動画のあらすじネタバレ

 

コスタリカ沖に浮かぶイスラ・ヌブラル島。

そこに研究所をもつジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー・CV:永井一郎)は、再生した恐竜を使ったテーマパークを作ろうと考えていました。

なかなかパーク開園の許可が出ず、あせったハモンド(リチャード・アッテンボロー・CV:永井一郎)は専門家に実際にパークを体験してもらい、安全性のお墨付きをもらうことにします。

呼び寄せられたのは古生物学者のアラン・グラント博士(サム・ニール・CV:富山敬)、古植物学者のエリー・ストラー博士(ローラ・ダーン・CV:弥永和子)、数学者のイアン・マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム・CV:大塚芳忠)の3人です。

ハモンド(リチャード・アッテンボロー・CV:永井一郎)から説明を受け、3人は懐疑的ながらもハモンド(リチャード・アッテンボロー・CV:永井一郎)の孫レックス(アリアナ・リチャーズ・CV:坂本真綾)とティム(ジョゼフ・マゼロ・CV:大島一貴)を連れて園内ツアーに出発しました。

島には大きな嵐が迫り、エンジニアたちが安全対策をするなか、そのなかのひとりネドリー(ウェイン・ナイト・CV:桜井敏治)は、恐竜の胚を盗むためセキュリティシステムをオフにしてしまいます。

そのせいで、恐竜が入っていた柵の高圧電流をはじめ、パーク全体が停電してしまい悲劇が起きるのです。

 

ジュラシックパーク 映画動画キャスト

 

アラン・グラント博士(サム・ニール・CV:富山敬) エリー・サトラー博士(ローラ・ダーン・CV:弥永和子) イアン・マルカム博:マルコム(ジェフ・ゴールドブラム・CV:大塚芳忠) ジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー・CV:永井一郎) ドナルド・ジェナーロ(マーティン・フェレロ・CV:納谷六朗) ヘンリー・ウー(B・D・ウォン・CV:中村大樹) デニス・ネドリー(ウェイン・ナイト・CV:桜井敏治) ロバート・マルドゥーン(ボブ・ペック・CV:田中信夫) レイ・アーノルド(サミュエル・L・ジャクソン・CV:梁田清之) レックス(アリアナ・リチャーズ・CV:坂本真綾) ティム(ジョゼフ・マゼロ・CV:大島一貴) ルイス・ドジスン(キャメロン・ソア・CV:小室正幸) ミスター・DNA(グレッグ・バーソン・CV:江原正士) ジュラシック・パーク音声ガイド(リチャード・カイリー)ハーディング(ジェラルド・R・モーレン) ジョフェリー(ジョフェリー・C・ブラウン) ビリー(クリストファー・ジョン・フィールド) ボランティア・ボーイ(ウィット・ハートフォード) ネドリーの仲間(ディーン・カンディ) ファニート・ロスターノ(ミゲル・サンドバル)

 

ジュラシックパーク 映画動画スタッフ

 

監督:スティーヴン・スピルバーグ

製作:キャスリーン・ケネディ、ジェラルド・R・モーレン

原作:マイケル・クライトン

脚本:マイケル・クライトン、デヴィッド・コープ

撮影:ディーン・カンディ

プロダクション・デザイナー:リック・カーター

編集:マイケル・カーン

音楽:ジョン・ウィリアムズ

VFX:インダストリアル・ライト&マジック、ティペット・スタジオ

VFXスーパーバイザー:デニス・ミューレン

恐竜スーパーバイザー:フィル・ティペット

 

ジュラシック・パーク映画動画感想

 

スティーブン・スピルバーグ監督の代表作品の一つ。

 

原作がマイケル・クライトン氏で、氏は最初「5人のカルテ」という小説を元にした映像作品を制作して貰いたかったのですが、「ジュラシックパーク」を先に読んでしまったスピルバーグ監督がこちらに強い妙味を持ってしまい、映画の運びとなる。

 

因みに「5人のカルテ」の方はその後スピルバーグ監督製作総指揮の元、海外ドラマER・緊急救命室となります。

 

映画の内容は恐竜考古学の博士がある企業に呼ばれ企業の所有する島に行くと、そこにはバイオテクノロジーによって現代に蘇らせた無数の恐竜がいる世界で、テーマパークの名がジュラシックパークになる筈でしたが、肝心の恐竜の制御が出来ず計画は中止することになります

 

。基本、恐竜のシーンはCGが使用されていますが、人との絡みがある所では多少特殊技術によるギミックが用いられています。

 

90年代はまだCG技術を多様出来ぬ御時世だったのです。本作品の主人公であるアラン・グラント(サム・ニール氏)博士は、原作では子供好きなのに映画の方は序盤、子供嫌いで寄せ付けずにいましたが、物語が進むにつれ子供達に心を開いて行きます。

 

吹き替えでは故・富山敬氏が手掛けられ、臨場感ある演技が緊迫感を誘っています。

 

コメントを残す