sing 映画 無料視聴auビデオパスU-NEXTでdvdレンタル待ちなしで見れる

 sing 映画 無料視聴auビデオパスU-NEXTでdvdレンタル待ちなしで見れる

ということで記事をお伝えします。

「SING/シング」は、8月2日にレンタル解禁です

TSUTAYAさん、ゲオさん店舗でDVDをレンタルすることもあると思いますが、

どうしてもレンタル待ちや貸し出し中になっていることで今すぐ見たい時にこまるときありますよね

そういうときauビデオパスや「U-NEXT(ユーネクスト)」の一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴できます

sing 映画 無料視聴が見れるauビデオパス、U-NEXT

 sing 映画 無料視聴auビデオパス

 

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス sing 映画 無料視聴auビデオパスU-NEXTでdvdレンタル待ちなしで見れる

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス sing 映画 無料視聴auビデオパスU-NEXTでdvdレンタル待ちなしで見れる動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

 sing 映画 無料視聴U-NEXT

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス sing 映画 無料視聴auビデオパスU-NEXTでdvdレンタル待ちなしで見れる

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス sing 映画 無料視聴auビデオパスU-NEXTでdvdレンタル待ちなしで見れる動画を見るならU-NEXT

 

 

 sing 映画 無料視聴予告ユーチューブ

 sing 映画 無料視聴の見どころ

 

映画館で吹き替えを見たのですがとても面白かったです。ストーリーは潰れそうな劇場を歌のオーディションをしてショーをすることで復活させようとするという感じでした。

 

それぞれのキャラクターがいろいろな悩みや問題を抱えていて、家族の愛や自分を変えようと頑張る姿なども描かれていて共感できる部分や感動する部分もあってストーリーは良かったと思います。

 

主人公のコアラの声はウッチャンだったのですがキャラクターにあっていて良かったと思います。

 

他にもMISIAやスキマスイッチの大橋さん、山寺さんなどが吹き替えをしていて歌を歌う場面は聞き応えがあって聞き入ってしまいました。

 

特に最後のMISIAが吹き替えをしているゾウの女の子が歌う場面は圧巻でとても良かったです。

 

長澤まさみさんはあまり歌うイメージがなかったのでどんな感じなのかなと思っていたのですが、想像と違って長澤まさみさんと知らなかったら分からなかったと思います。

 

トレンディエンジェルの斎藤さんはテレビなどでなんとなくイメージがついてたのでそのままな感じでした。字幕も映画館で見たかったのですが見れなかったので、どんな洋楽が使われているのかや日本語の歌の所はどんな歌になっているのかなど早く字幕もみたいなと思います。

 

 

 

シング 映画 動画 日本語のあらすじネタバレ

 

『SING/シング』はイルミネーションスタジオの3Dアニメーション作品です。

 

イルミネーションスタジオといえば「ミニオン」のシリーズなどで有名で、子供が喜ぶスラップスティックなコメディ作品が多かったのですが、本作ではそのスラップスティックさをぐっと抑えた「大人」な映画になっていると思います(大人向けというわけではありません)。

 

 

『SING/シング』の素晴らしいところはなんといってもそのドラマ性にあります。この作品もコメディであり笑えますが、同時にその笑いは主人公たちの「夢見れどうまくはいかない」という境遇の悲しさとも通じています。この笑いになっているけど、同時に悲しみもあるというのが非常に大人なコメディ映画のバランスです。

 

主人公たちは一旦はすべてを失いますが、ラスト起死回生のライブシーンはそんな彼らの不満だった日常を「歌」という表現で昇華します。

 

表現がなければ彼らの人生はそのままだったでしょう。しかし彼らのつまらなくて、嫌だった人生があったからこそ、表現はいきいきと輝くのです。

 

この映画のクライマックスのライブシーンは20分以上ありますが、彼らのそんな人生を見せられてきた観客だからこそ、20分間ずっと感動しっぱなしで涙が止まらなくなることでしょう。

シング 映画 動画 日本語 映画のキャスト

 

バスター・ムーン(マシュー・マコノヒー、内村光良〈ウッチャンナンチャン〉) ミーナ(トリー・ケリー、MISIA) アッシュ(スカーレット・ヨハンソン、長澤まさみ) ジョニー(タロン・エガートン、大橋卓弥〈スキマスイッチ〉) グンター(ニック・クロール、斎藤司〈トレンディエンジェル〉) マイク(セス・マクファーレン、山寺宏一) ロジータ(リース・ウィザースプーン、坂本真綾) ミス・クローリー(ガース・ジェニングス、田中真弓) エディ(ジョン・C・ライリー、宮野真守) ナナ・ヌードルマン(ジェニファー・サンダース(声) / ジェニファー・ハドソン (歌)、大地真央) ランス(ベック・ベネット、谷山紀章) ビッグ・ダディ(ピーター・セラフィノウィッツ、石塚運昇) ベティ(タラ・ストロング、水樹奈々) カエル3人組(柿原徹也、村瀬歩、木村昴) ウサギ3人組(重本ことり、佐倉綾音、辻美優) ダニエル(河口恭吾) リチャード(MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻) ミーナの祖父(ジェイ・ファロー、手塚秀彰) ミーナの祖母(ラレイン・ニューマン、巴菁子) ミーナの母(レスリー・ジョーンズ、くじら) ノーマン(ニック・オファーマン、奈良徹) ボス熊(ジム・カミングス、三宅健太) ジュディス(リー・パールマン、鶏冠井美智子)

 

シング 映画 動画 日本語のスタッフ

 

監督:ガース・ジェニングス

脚本:ガース・ジェニングス

製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー

製作会社:イルミネーション・エンターテインメント

主題歌:「フェイス(Faith)」(スティーヴィー・ワンダー、アリアナ・グランデ)

 

シング 映画 動画 日本語 に評価

 

SINGは「怪盗グルーの月泥棒 3D」「怪盗グルーのミニオン危機一発」「ミニオンズ」「ペット」など数々のアニメーション・3Dアニメーション映画をヒットさせてきたイルミネーション・エンターテインメント製作の映画です。

 

この映画の魅力はなんといってもレディー・ガガの「バッド・ロマンス」、ザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」をはじめとする誰もが一度は聴いたことがある60曲以上もの往年のヒット曲が多数使われてる点にあると思います。

 

一度は聴いたことがあるあのヒット曲がどこで流れるのかという楽しみもありますし、難しいことは考えないで肩の力を抜いて楽しめる気楽さ、敷居の低さが魅力です。

 

主人公で劇場主のコアラのバスター・ムーンは明るくユーモアたっぷりですし、潰れかけた劇場を建て直すというシンプルなストーリーながら、笑いを折り曲げながらユーモアたっぷりの動物たちが奮闘するストーリー展開は安心して見ることが出来ます。

 

 

本作品はディズニー/ピクサー作品以外のハリウッド・アニメーション作品以外のアニメーション作品ではじめて興行収入50億円を突破しました。

 

ただの可愛らしい動物たちが出るアニメ作品ならこれだけのヒットはしないはずです。ただ笑える明るい作品ではなく、きっと見る人に勇気を与えるような作品に仕上がってると思います。

 

また吹き替え版は主人公のバスター・ムーン役を内村光良が担当していますが、この点も楽しみです。大人から子どもまで気軽に楽しめるエンターテイメント作品のSINGは、家族で視聴するにはもってこいの作品ですね。

コメントを残す