sing 映画 動画 字幕吹き替え無料U-NEXT auビデオパス

sing 映画 動画 字幕吹き替え無料U-NEXT auビデオパス

ということで記事をお伝えします。

「SING/シング」は、綺麗な映像もかわいい映像もそうですが、やはりサントラの曲がいいのと著名な俳優、女優さんが
日本語吹き替えも内村光良さん、MISIA、長澤まさみさん、スキマスイッチの大橋卓弥さんと、こちらも豪華キャストが声優として出演しています。

 

 sing  映画  動画  字幕吹き替え無料が見れるauビデオパス、U-NEXT

 

auビデオパス

 

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス sing  映画  動画  字幕吹き替え無料U-NEXT auビデオパス

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス sing  映画  動画  字幕吹き替え無料U-NEXT auビデオパス動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

U-NEXT

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス sing  映画  動画  字幕吹き替え無料U-NEXT auビデオパス

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス sing  映画  動画  字幕吹き替え無料U-NEXT auビデオパス動画を見るならU-NEXT

 

 

 sing  映画  動画  字幕吹き替え無料予告吹き替え日本語

 sing  映画  動画  字幕吹き替え無料の見どころ

 

この映画は海外旅行に行く飛行機の中で鑑賞しました。

私がこの映画で一番面白いと感じたところは、日常生活をいつものように送っていた登場人物たちがオーディションを勝ち抜いて舞台で歌やダンスを披露することになり、彼らの生活がよりイキイキと輝くようになっていく姿を描いていたところです

 

。私自身長いこと舞台芸術の世界で生きてきたので、登場人物たちの舞台に向けての努力や苦悩、私生活との両立など共感できることが多くて終始ワクワクしながら観ていました。

特に印象的だった登場人物は、普段は主婦をしていて子育ても頑張るロジータです。

 

彼女は25人もの子どもがいますがパフォーマンスの練習も頑張り、舞台では最高に素晴らしいパフォーマンスを披露していました。素晴らしいパフォーマンスシーンのバックには「どんな環境でも努力次第で輝ける」というメッセージが隠されているように感じました。

 

また、主人公のバスター・ムーンが自身の経営する劇場を立て直すために常に前向きに努力し、決して諦めないところが映画全体に明るい雰囲気をもたらしていると思いました。

 

経営難に遭遇し崖っぷちに立たされた時、多くの人は「もうだめだ」と廃業してしまうかもしれませんが、ムーンはそれを逆手に取って劇場に華をもたらす新人パフォーマー発掘に取り組むところはアメリカらしいなと感じました。

 

見どころはトレンディエンジェルの斎藤さんが声優を勤めたグンターのパフォーマンスシーン、あとはMISIAが声優を勤めたミーナの歌唱シーンです。

 

グンターのナルシルトでもかっこいいパフォーマンスは斎藤さんらしさも感じて見ごたえがあり、ミーナの歌唱シーンは時間を忘れて聞き惚れてしまうほどの素晴らしさでした。
はじめから終わりまで飽きることなく楽しめた映画でした。また観たいです。

 

シング 映画 動画 日本語のあらすじ

 

SING/シングのプロモーションビデオを観ました。

動物を擬人化したアニメって、観たことないんです。

別に嫌いというわけではなく、何というか、「子ども向け」という感じが抜けきらない。

子ども向けの作品なら、内容は(大人にとっては)チープだろう、そんな偏見があります。いや、「ありました」ですね。

動画を観て最初に思ったのが、「歌がいい」でした。

はっきりいって私は洋楽は全然知りません。英語も、今の中学一年生に果たして勝てるだろうか?程度のレベルです。

洋楽知らない、歌詞も分からない、でも動画を観て聞いているだけで楽しいんです。

そして、動物たちの動き。動物たちの特徴を上手く捉えながら、その特徴をいい意味で裏切っています。

正直、この「歌と動き(若しくはダンス)」だけで十分観る価値ありですが、ストーリーも期待できます。

単純に「子ども向け」だけなら、ストーリーを凝る必要はありません。

適当にトラブルを散りばめて、それを面白おかしく解決させればいいだけです。

でも、SING/シングのキャラクターたちはそれぞれに問題を抱え、何かを負っています。「どん底」といったフレーズも出て来ます。

あれ、子ども向けのアニメじゃないの?子どもたちが、観たあとに「面白かった!」いうだけでいいんじゃない?

でも、敢えて厳しさを盛り込むことで、何かを感じてほしいのかもしれない。

そして大人には、世の中厳しいけど、それだけではない「世界は捨てたもんじゃないよ」と、この映画はいいたいのかも知れない。

そんな予感がします。

シング 映画 動画 日本語 映画のキャスト

 

バスター・ムーン(マシュー・マコノヒー、内村光良〈ウッチャンナンチャン〉) ミーナ(トリー・ケリー、MISIA) アッシュ(スカーレット・ヨハンソン、長澤まさみ) ジョニー(タロン・エガートン、大橋卓弥〈スキマスイッチ〉) グンター(ニック・クロール、斎藤司〈トレンディエンジェル〉) マイク(セス・マクファーレン、山寺宏一) ロジータ(リース・ウィザースプーン、坂本真綾) ミス・クローリー(ガース・ジェニングス、田中真弓) エディ(ジョン・C・ライリー、宮野真守) ナナ・ヌードルマン(ジェニファー・サンダース(声) / ジェニファー・ハドソン (歌)、大地真央) ランス(ベック・ベネット、谷山紀章) ビッグ・ダディ(ピーター・セラフィノウィッツ、石塚運昇) ベティ(タラ・ストロング、水樹奈々) カエル3人組(柿原徹也、村瀬歩、木村昴) ウサギ3人組(重本ことり、佐倉綾音、辻美優) ダニエル(河口恭吾) リチャード(MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻) ミーナの祖父(ジェイ・ファロー、手塚秀彰) ミーナの祖母(ラレイン・ニューマン、巴菁子) ミーナの母(レスリー・ジョーンズ、くじら) ノーマン(ニック・オファーマン、奈良徹) ボス熊(ジム・カミングス、三宅健太) ジュディス(リー・パールマン、鶏冠井美智子)

 

シング 映画 動画 日本語のスタッフ

 

監督:ガース・ジェニングス

脚本:ガース・ジェニングス

製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー

製作会社:イルミネーション・エンターテインメント

主題歌:「フェイス(Faith)」(スティーヴィー・ワンダー、アリアナ・グランデ)

 

シング 映画 動画 日本語 に声優で出演されている内村光良さんについて

 

映画SING/シングでバスタームーン役を演じるお笑い芸人の内村光良さんについて書いていきます。内村光良さんはお笑いコンビウッチャンナンチャンとして有名です。

 

コンビだけではなくソロとして活動もしています。お笑いコンビウッチャンナンチャンのひとりでボケとツッコミはケースバイケースであることを語っています。

 

ネタ書きを担当しています。相方はナンチャンこと南原清隆さんで愛称はウッチャンです。

 

日本を代表する国民的お笑いスターの一人であり、その実力と人柄から、子供から大人まで幅広い層に人気を誇っています。

 

デビューから現在に至るまで、長きにわたって芸能界の第一線で活躍し続けているが、特に90年代には爆発的人気を誇り、数々の番組をヒットさせました。

レギュラー数は総じて多く、出演番組のほぼすべてが、冠番組もしくは自身がMCとして起用されたものばかりです。

本業はコント師でありショートコントという形式をはじめに確立した人物であるとも言われているように世界に誇る凄い人です。

 

ドキュメントバラエティにも強く、司会業を含めバラエティー全般で活躍しています。また、演者としてだけではなく、企画や脚本演出など裏方の仕事に携わることも多く、さらに俳優、監督、劇作家としても活動しているほどの人気者です。

コメントを残す