シング 映画 動画 日本語無料吹き替え字幕U-NEXT auビデオパス

シング 映画 動画 日本語無料吹き替え字幕U-NEXT auビデオパス

ということで記事をお伝えします。

 

「ミニオンズ」「ペット」などのヒット作を手がけるイルミネーション・スタジオによる長編アニメーション『SING/シング』。

マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーら豪華キャストが声優として出演し、レディー・ガガ、ビートルズ、フランク・シナトラなど誰もが知る新旧ヒット曲80曲以上の大ヒット・ナンバーに彩られた本作は、サイコーに楽しい、サイコーにアガる、サイコーに愛らしい、勇気と元気がもらえるエナジー・ムービーです。

また日本語吹き替えも内村光良さん、MISIA、長澤まさみさん、スキマスイッチの大橋卓弥さんと、こちらも豪華キャストが声優として出演しています。

 

シング 映画 動画 日本語が見れるauビデオパス、U-NEXT

 

auビデオパス

 

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス シング 映画 動画 日本語無料吹き替え字幕U-NEXT auビデオパス

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス シング 映画 動画 日本語無料吹き替え字幕U-NEXT auビデオパス動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

U-NEXT

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス シング 映画 動画 日本語無料吹き替え字幕U-NEXT auビデオパス

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス シング 映画 動画 日本語無料吹き替え字幕U-NEXT auビデオパス動画を見るならU-NEXT

 

 

シング 映画 動画 日本語の見どころ

 

『SING/シング』の一番の見所は誰もが一度は聴耳にしたことのある、誰もが口ずさめるようなヒットソングや名曲が80曲以上も使われていることです。

音楽って歌ってなんて素敵なんだろうと、歌の力で元気が湧いてくるような映画になっています。

個性的な動物のキャラたちが出て来る予告編でも楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

ビートルズやマイケル・ジャクソン、スティービーワンダー、Lady gaga、そして唯一の邦楽曲としてきゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲が使用されています。

オーディションやメインのショーの歌唱の場面は、英語版でも日本語版でも両方観ないともったいないと思うくらい、素晴らしいです。

また、日本語吹き替え版の素晴らしいと感心してしまうのは、洋楽に日本語をのせるのが絶妙なのです。原語のニュアンスを残しつつ、日本語で歌ってもポップであり、子どもが見ていてもわかりやすく、そして笑えてしまういう子供も大人も楽しめる映画です。

 

シング 映画 動画 日本語のあらすじ

 

人間世界とよく似た、動物だけが暮らす世界。

コアラのバスター(マシュー・マコノヒー、内村光良)が劇場支配人を務める劇場は、かつての栄光は過去のものとなり、取り壊し寸前の状況にありました。

バスター(マシュー・マコノヒー、内村光良)は劇場の再起を賭け、世界最高の歌のオーディションの開催を企画します。

極度のアガリ症のゾウ、ギャングの世界から足を洗い歌手を夢見るゴリラ、我が道を貫くパンクロックなハリネズミなどなど、個性的なメンバーが人生を変えるチャンスをつかむため、5つの候補枠をめぐってオーディションに参加します。

シング 映画 動画 日本語 映画のキャスト

 

バスター・ムーン(マシュー・マコノヒー、内村光良〈ウッチャンナンチャン〉) ミーナ(トリー・ケリー、MISIA) アッシュ(スカーレット・ヨハンソン、長澤まさみ) ジョニー(タロン・エガートン、大橋卓弥〈スキマスイッチ〉) グンター(ニック・クロール、斎藤司〈トレンディエンジェル〉) マイク(セス・マクファーレン、山寺宏一) ロジータ(リース・ウィザースプーン、坂本真綾) ミス・クローリー(ガース・ジェニングス、田中真弓) エディ(ジョン・C・ライリー、宮野真守) ナナ・ヌードルマン(ジェニファー・サンダース(声) / ジェニファー・ハドソン (歌)、大地真央) ランス(ベック・ベネット、谷山紀章) ビッグ・ダディ(ピーター・セラフィノウィッツ、石塚運昇) ベティ(タラ・ストロング、水樹奈々) カエル3人組(柿原徹也、村瀬歩、木村昴) ウサギ3人組(重本ことり、佐倉綾音、辻美優) ダニエル(河口恭吾) リチャード(MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻) ミーナの祖父(ジェイ・ファロー、手塚秀彰) ミーナの祖母(ラレイン・ニューマン、巴菁子) ミーナの母(レスリー・ジョーンズ、くじら) ノーマン(ニック・オファーマン、奈良徹) ボス熊(ジム・カミングス、三宅健太) ジュディス(リー・パールマン、鶏冠井美智子)

 

シング 映画 動画 日本語のスタッフ

 

監督:ガース・ジェニングス

脚本:ガース・ジェニングス

製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー

製作会社:イルミネーション・エンターテインメント

主題歌:「フェイス(Faith)」(スティーヴィー・ワンダー、アリアナ・グランデ)

 

シング 映画 動画 日本語 に声優で出演されている内村光良さんについて

 

『SING/シング』にて、バスター・ムーンの日本語吹き替えを担当したのは、お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんです。

内村光良さんは、お笑い芸人ではありますが、現在は活動の幅を広げており、俳優、司会者、映画監督と多大なスペックの持ち主です。

現在レギュラー番組を6本持ち、内村光良さんをテレビで見ない日はないのではないでしょうか。

性格も温厚でスタッフからの人望は非常に厚く、多くの後輩から敬愛され、慕われており、東のお笑い界のゴッドファーザー的存在です。

「演者自身が楽しんでいなければ、見ているひとも楽しめない」という考えから、虐めや差別ネタなどの負の笑いは好まず、和気あいあいとした雰囲気の番組作りをすることが多く、そのため、家族で安心して見られる番組を手掛けるという定評が昔からあります。

 

シング 映画 動画 日本語 映画の評価

 

2017年3月17日に公開され、興行収入は51億円を突破した『SING/シング』は、続編の製作も決定しており、公開は2020年の予定だそうです。

続編には、どのような楽曲、そして声優キャストが起用されるのか、今から楽しみです。

 

コメントを残す