君の名は 動画 9tsu、b9,bilibili!U-NEXT auビデオパスで配信

君の名は 動画 9tsu、b9,bilibili!U-NEXT auビデオパスで配信

 

『君の名は。』は、2016年8月26日公開でした。

7月21日にレンタル解禁ですが、同じ日に「auビデオパス」、」「U-NEXT(ユーネクスト)」という動画配信サービスで

君の名はの本編をフルにstreamin再生やダウンロード(dl)再生、高画質フルhd再生でできます

どうしても海外サイトでで無料視聴したい方は探す手間が省けた上に、公式に安全に君の名はを見ることが可能です。
探すより3分時間があれば簡単登録、解除できます。

「U-NEXT(ユーネクスト)」も「auビデオパス」も一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため君の名はを無料視聴できます。
今すぐ見たい方はレンタル解禁と同時にauユーザーは、「auビデオパス」

ドコモやソフトバンクユーザーはキャリフリーの「U-NEXT(ユーネクスト)」でレンタル待ち無で今すぐ見ることができます

 

特に一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、君の名はは無料視聴が可能になっています

君の名は動画youtube(ユーチューブ)公式

君の名は。の動画配信はauビデオパス U-NEXT

 

auビデオパス

 

初回30日間無料でお試しできます。
毎月540円相当のビデオコインがもらえます。

一カ月間の無料お試しキャンペーンしている間も新作も楽しめます

話題のドラマや映画、アニメが見放題です。

映画館で鑑賞料金が割引され、ポップコーンが半額になります。

劇場鑑賞券などのプレゼントもあります。

人気のドラマ・アニメ・映画が見放題!

スマホ、タブレット、パソコン、TVとマルチデバイスに対応しています。

外出先でも自宅でも気軽に楽しむことができます。

テレビなら、より大画面・高画質で楽しめます。
テレビでのご利用には、Smart TV Box、Smart TV Stick、STW2000、Chromecast、Apple TV、などで楽しめます

auビデオパス-300x109 君の名は 動画 9tsu、b9,bilibili!U-NEXT auビデオパスで配信

「auビデオパス」は、下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-300x109 君の名は 動画 9tsu、b9,bilibili!U-NEXT auビデオパスで配信動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

U-NEXT

31日間無料トライアルがあります。

劇場公開&放送から間もない最新作が多数配信されています。

U-NEXTは全作品ダウンロード再生が可能です。

通信費やネット環境を気にすることなく視聴できます。

毎月2,000本以上更新され、120,000本以上が配信されています。

雑誌・コミック・書籍は200,000冊以上が読めます。

映像は、高画質HD(1080p)配信に対応しています。

テレビの大画面でも、クリアで美しい映像を楽しめます。

テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット 、ゲーム機のデバイスに対応しています

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス-300x109 君の名は 動画 9tsu、b9,bilibili!U-NEXT auビデオパスで配信

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-300x109 君の名は 動画 9tsu、b9,bilibili!U-NEXT auビデオパスで配信「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

君の名は。 映画のキャスト

 

立花瀧(神木隆之介) 宮水三葉(上白石萌音) 奥寺ミキ(長澤まさみ) 宮水一葉(市原悦子) 勅使河原克彦(成田凌) 名取早耶香(悠木碧) 藤井司(島崎信長) 高木真太(石川界人) 宮水四葉(谷花音) 宮水俊樹(てらそままさき) 宮水二葉(大原さやか) ユキちゃん先生(花澤香菜)

 

君の名は。 映画のスタッフ

 

監督・原作・脚本・絵コンテ・編集・撮影:新海誠

キャラクターデザイン・オープニング作画監督・オープニング原画:田中将賀

作画監督・キャラクターデザイン:安藤雅司

作画監督・原画:井上鋭、土屋堅一、廣田俊輔

作画監督:黄瀬和哉

原画:稲村武志、濱洲英喜、本間晃、田中敦子 ほか

オープニング原画:錦織敦史、谷口淳一郎、岩崎たいすけ、滝本祥子、大舘康二、落合瞳

音楽:RADWIMPS

演出:居村健治

回想シーン演出・原画・撮影:四宮義俊

脚本協力:加納新太

プロップ設定・原画:岩崎たいすけ

巫女振付創作・振付:中村壱太郎

美術監督:丹治匠、馬島亮子、渡邉丞

美術設定:高橋武之

美術設定協力:滝口比呂志

色彩設計:三木陽子

色指定検査:仲條貴子

撮影チーフ:福澤瞳

3DCGチーフ:竹内良貴

製作:市川南、川口典孝、大田圭二

共同製作:井上伸一郎、弓矢政法、畠中達郎、善木準二、坂本健

企画・プロデュース:川村元気

エグゼクティブプロデューサー:古澤佳寛

プロデューサー:武井克弘、伊藤耕一郎

制作プロデューサー:酒井雄一

音楽プロデューサー:成川沙世子

音響監督:山田陽(サウンドチーム・ドンファン)

音響効果:森川永子(ちゅらサウンド)

効果助手:林佑樹

録音:八巻大樹

録音助手:椎葉ひかる

音響制作:サウンドチーム・ドンファン

方言監修:かとう有花

アフレコスタジオ:studio Don Juan

ダビングステージ:東宝スタジオ

劇中使用曲作曲:村山二朗、櫻井隆仁、牧野奈津子、ユニペックス

音楽ミキサー:菅井正剛、澤本哲朗、Tom Lord-Alge、長谷川巧

音楽ディレクター:山口一樹

ストリングス協力:徳澤青弦

音楽エディター:金貞陽一郎

音楽協力:藤沢囃子保存会、深澤恵梨香

デジタルラボ:IMAGICA

アニメーション制作協力:アンサー・スタジオ

制作協力:Production I.G、スタジオカラー、TROYCA、ほか

取材協力:平田組紐、シェアードテラス、四谷須賀神社、国立新美術館、森ビル、ほか

協力:ゼンリン、Mapion、ほか

宣伝プロデューサー:豊澤康弘、水木雄太、弭間友子

オフィシャルライタ:渡辺水央

スペシャルサンクス:岩井俊二、三坂知絵子、松下慶子、石井朋彦、ほか

助成:独立行政法人日本芸術文化振興会文化芸術振興費補助金

配給:東宝

制作:コミックス・ウェーブ・フィルム

製作:「君の名は。」製作委員会(東宝、コミックス・ウェーブ・フィルム、KADOKAWA、ジェイアール東日本企画、アミューズ、voque ting、ローソンHMVエンタテイメント)

 

君の名は。 映画のあらすじ、ネタバレ感想見どころ

何も情報を入れない状態で、映画館に観に行きました。

最初は、瀧君と三葉が入れ替わって、そのうち会って、恋をするっていう話かと思ってました。

それだけでも十分面白かったです。

RADWINPSの音楽に合わせて、スピード感のある映像は、アニメとは思えませんでした。

私はめったにアニメを見たいのですが、今までのアニメへの印象が変わりました。

 

途中から、時空を超えていることがわかってからは、驚きと不安もありました。

三葉は死んでしまったのかと悲しくなりましたが、瀧君が探しに行って、三葉と出会っているのに、お互いに姿が見えずに、名前を叫び合うシーンは、号泣でした。

近くにいるのに、会えないという歯がゆさと切なさが、美しさもありつつ、悲しかったです。

 

瀧君が過去の三葉に入れ替わって、村を救うために奔走する姿も泣けてきました。

三葉のお父さんが、三葉の必死な訴えを信じて、避難訓練として非難して助かりましたが、三葉のおばあちゃんの様子から、過去にも同じようなことがあったんだろうかと思いました。

 

 

最後に、現代で瀧君と三葉が再会するシーンも号泣でした。

時空を超えていることを知ったうえで、もう一回見るのも楽しめる映画だと思います。

 

 

君の名は感想

 

映画『君の名は』を見た感想は、本来出会うことのなかった2人が、彗星の超越的な力を借りて巡り会うストーリー展開がやはり面白いなと思いました。

 

最初は入れ替わりだけに力を入れているのかなと思いきや、実はヒロインの三葉がすでにこの世にはなく、彼女のいた村も彗星の衝突により村ごと滅んでいたという事実を巡ってストーリーが一転します。

 

前半の入れ替わりによって互いを気にしつつもそれぞれの生活を満喫していたほのぼのシーンから、ヒロインが過去の人物であり、すでに生きてはいないという謎に包まれる暗転は見ていて引き込まれます。

 

個人的には三葉が滝に成り代わって、東京の都会の暮らしを満喫したり、同性ならではで先輩と親しくなっていくシーンが楽しくて好きです。

 

ただやっぱり1番好きなシーンは、滝がもう互いの半身であるかのように三葉を探し求めて彼女の故郷に赴き、探し回る姿です。

 

このシーンは見ていてとても切ないのですが、やはり真に迫る場面で胸に訴えかけてくる臨場感があります。

 

互いの記憶を失ってゆく恐怖感や、相手を想う気持ちを直向きに感じられて良かったです。

 

そうして臨場感に包まれたまま、最後の場面で記憶もないまま出会う2人をみて安堵しながら、運命の人を想うのっていいなあと感じました。

コメントを残す