君の名は 動画 視聴 無料auビデオパスU-NEXTで配信開始

君の名は 動画 視聴 無料auビデオパスU-NEXTで配信開始

 

映画君の名はは、DVDレンタルがかなりの激戦区になりそうで販売で購入と考えている方も多いと思います。

私が使っているサービスで恐縮ですが、君の名はのダウンロード(dl)再生で保存版としても使えるサービスを紹介します。

 

映画アニメ君の名はは、「auビデオパス」も「U-NEXT(ユーネクスト)」もダウンロード(dl)再生日亜王しているため、自分の好きな時に好きなだけ見れます

 

7月21日にレンタル解禁ですが、同じ日に「auビデオパス」、」「U-NEXT(ユーネクスト)」という動画配信サービスで動画配信がスタートします。

 

君の名はの本編をフルにstreamin再生やダウンロード(dl)再生、高画質フルhd再生でできます

探すより3分時間があれば簡単登録、解除できます。

「U-NEXT(ユーネクスト)」も「auビデオパス」も一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため君の名はを無料視聴できます。

 

今すぐ見たい方はレンタル解禁と同時にauユーザーは、「auビデオパス」

ドコモやソフトバンクユーザーはキャリフリーの「U-NEXT(ユーネクスト)」でレンタル待ち無で今すぐ見ることができます

 

特に一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、君の名はは無料視聴が可能になっています

君の名は 動画 視聴 無料youtube(ユーチューブ)公式

君の名は 動画 視聴 無料はauビデオパス U-NEXT

 

auビデオパス

 

初回30日間無料でお試しできます。
毎月540円相当のビデオコインがもらえます。

一カ月間の無料お試しキャンペーンしている間も新作も楽しめます

話題のドラマや映画、アニメが見放題です。

映画館で鑑賞料金が割引され、ポップコーンが半額になります。

劇場鑑賞券などのプレゼントもあります。

人気のドラマ・アニメ・映画が見放題!

スマホ、タブレット、パソコン、TVとマルチデバイスに対応しています。

外出先でも自宅でも気軽に楽しむことができます。

テレビなら、より大画面・高画質で楽しめます。
テレビでのご利用には、Smart TV Box、Smart TV Stick、STW2000、Chromecast、Apple TV、などで楽しめます

auビデオパス-300x109 君の名は 動画 視聴 無料auビデオパスU-NEXTで配信開始

「auビデオパス」は、下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-300x109 君の名は 動画 視聴 無料auビデオパスU-NEXTで配信開始動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

U-NEXT

31日間無料トライアルがあります。

劇場公開&放送から間もない最新作が多数配信されています。

U-NEXTは全作品ダウンロード再生が可能です。

通信費やネット環境を気にすることなく視聴できます。

毎月2,000本以上更新され、120,000本以上が配信されています。

雑誌・コミック・書籍は200,000冊以上が読めます。

映像は、高画質HD(1080p)配信に対応しています。

テレビの大画面でも、クリアで美しい映像を楽しめます。

テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット 、ゲーム機のデバイスに対応しています

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、下記です

 

auビデオパス-300x109 君の名は 動画 視聴 無料auビデオパスU-NEXTで配信開始

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス-300x109 君の名は 動画 視聴 無料auビデオパスU-NEXTで配信開始「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

君の名は 動画 視聴 無料のキャスト

 

立花瀧(神木隆之介) 宮水三葉(上白石萌音) 奥寺ミキ(長澤まさみ) 宮水一葉(市原悦子) 勅使河原克彦(成田凌) 名取早耶香(悠木碧) 藤井司(島崎信長) 高木真太(石川界人) 宮水四葉(谷花音) 宮水俊樹(てらそままさき) 宮水二葉(大原さやか) ユキちゃん先生(花澤香菜)

 

君の名は 動画 視聴 無料 映画のスタッフ

 

監督・原作・脚本・絵コンテ・編集・撮影:新海誠

キャラクターデザイン・オープニング作画監督・オープニング原画:田中将賀

作画監督・キャラクターデザイン:安藤雅司

作画監督・原画:井上鋭、土屋堅一、廣田俊輔

作画監督:黄瀬和哉

原画:稲村武志、濱洲英喜、本間晃、田中敦子 ほか

オープニング原画:錦織敦史、谷口淳一郎、岩崎たいすけ、滝本祥子、大舘康二、落合瞳

音楽:RADWIMPS

演出:居村健治

回想シーン演出・原画・撮影:四宮義俊

脚本協力:加納新太

プロップ設定・原画:岩崎たいすけ

巫女振付創作・振付:中村壱太郎

美術監督:丹治匠、馬島亮子、渡邉丞

美術設定:高橋武之

美術設定協力:滝口比呂志

色彩設計:三木陽子

色指定検査:仲條貴子

撮影チーフ:福澤瞳

3DCGチーフ:竹内良貴

製作:市川南、川口典孝、大田圭二

共同製作:井上伸一郎、弓矢政法、畠中達郎、善木準二、坂本健

企画・プロデュース:川村元気

エグゼクティブプロデューサー:古澤佳寛

プロデューサー:武井克弘、伊藤耕一郎

制作プロデューサー:酒井雄一

音楽プロデューサー:成川沙世子

音響監督:山田陽(サウンドチーム・ドンファン)

音響効果:森川永子(ちゅらサウンド)

効果助手:林佑樹

録音:八巻大樹

録音助手:椎葉ひかる

音響制作:サウンドチーム・ドンファン

方言監修:かとう有花

アフレコスタジオ:studio Don Juan

ダビングステージ:東宝スタジオ

劇中使用曲作曲:村山二朗、櫻井隆仁、牧野奈津子、ユニペックス

音楽ミキサー:菅井正剛、澤本哲朗、Tom Lord-Alge、長谷川巧

音楽ディレクター:山口一樹

ストリングス協力:徳澤青弦

音楽エディター:金貞陽一郎

音楽協力:藤沢囃子保存会、深澤恵梨香

デジタルラボ:IMAGICA

アニメーション制作協力:アンサー・スタジオ

制作協力:Production I.G、スタジオカラー、TROYCA、ほか

取材協力:平田組紐、シェアードテラス、四谷須賀神社、国立新美術館、森ビル、ほか

協力:ゼンリン、Mapion、ほか

宣伝プロデューサー:豊澤康弘、水木雄太、弭間友子

オフィシャルライタ:渡辺水央

スペシャルサンクス:岩井俊二、三坂知絵子、松下慶子、石井朋彦、ほか

助成:独立行政法人日本芸術文化振興会文化芸術振興費補助金

配給:東宝

制作:コミックス・ウェーブ・フィルム

製作:「君の名は。」製作委員会(東宝、コミックス・ウェーブ・フィルム、KADOKAWA、ジェイアール東日本企画、アミューズ、voque ting、ローソンHMVエンタテイメント)

 

君の名は 動画 視聴 無料のあらすじ、ネタバレ感想見どころ

話自体は、初めはいがみ合ってた男女が次第に惹かれあっていくという典型的なラブストーリではありますが、その主人公の男女2人が違う時間軸に存在するというSF要素も含まれており、実はその伏線が序盤から散りばめられているという作品です。

 

また彗星が落下し町が崩壊して人が沢山亡くなることを知った主人公たちが、なりふり構わず行動し、その危機立ち向かい、乗り越えるシーンは観ていて涙がこぼれました。

 

もともと違う時間軸にいた二人がお互いの記憶がなくなったときは悲しみが湧き上がってきましたが、ラストシーンで再開た時の2人の顔をみてとても幸せな気持ちになりました。

ストーリー以外のこの作品の魅力としては新海誠監督の作品ということで、今までの同監督作品同様、景色や水の描写が美しすぎます。

 

この点については仮にストーリーがなくてもずっと見ていられると思うほどのクオリティで別の観点で楽しむことができます。

加えて、「君の名は」に関しては、音楽が作品にぴったりマッチしています。主題歌を含め劇中歌は全てRADWIMPSが手がけているのですが、一つ一つの歌のクオリティが高いのはもちろん、曲と作品の各場面が見事にマッチしており、とても感動し、何度も鳥肌が経ちました。

後に気づく伏線、美しい背景描写、劇中歌が見事な相乗効果を生み出しており何度も見たくなるような魅力的な作品でした。

君の名はの感想

 

映画「君の名は。」で期待すべきは、なんと言っても新海誠監督の新作がメジャーエンタメとして世に出るという点です。

 

新海監督の作品は、2007年公開の「秒速5センチメートル」、2013年の「言の葉の庭」などが有名でしょう。その作風はしばしば「新海ワールド」と呼ばれる繊細な風景描写が特徴です。

 

新海作品は以前からネット上でも話題でした。

 

一方で、インデペンデンスでの活動が主だったため、「言の葉の庭」までは新海作品を知らない人も多かったと思います。

しかし今回は売り出し方がこれまでと異なります。「君の名は。」のプロデュースを担当するのは、これまでに「電車男」「告白」「バケモノの子」「モテキ」などの作品を売り出したヒットメーカー・川村元気氏です。

 

今作では、川村氏のプロデュースによって新海作品とRADWIMPSの音楽が組み合さることになりました。川村氏の担当する映画では、音楽的な要素にも期待が寄せられます。

 

「君の名は。」では、大胆にも劇中でRADWINPSの曲が4曲もかかるそうです。

 

新海ワールドとRADWIMPS、それぞれの良さもさることながら、そこに川村氏のプロデュースが加わることによってどんなメジャーエンタメが生み出されるのかが楽しみでなりません。

コメントを残す