本能寺ホテル 動画 中国無料視聴auビデオパス先行配信

『本能寺ホテル』は、2011年に公開され興行収入16.2億円を記録した『プリンセス・トヨトミ』のスタッフ・キャストがおくる、映画完全オリジナルストーリーです。

日本史でもお馴染みの”本能寺の変”の前日をメインに描き、”本能寺の変”に隠される謎に迫ります。

タイムトリップものの映画は数多くありますが、監督・脚本・キャストどれをとっても最強の布陣となっています。

 

本能寺ホテル  映画の見どころ

 

本作のメガホンを取ったのは『プリンセス トヨトミ』『HERO』の鈴木雅之監督です。

また脚本は、桐谷美玲さん主演ドラマ『人は見た目が100パーセント』や大野智さん主演のドラマ『鍵のかかった部屋』を手掛けた相沢友子さんが担当しています。

日本を代表する個性派俳優に最強のスタッフが、笑いありアクションありのエンターテイメント作品を作りあげています。

物語が動き出してからは、現代と戦国時代を行き来しながら、コミカルに、真面目に、テンポよく話が運んでいくのが魅力的です。

飽きることなく、シーンが移り変わっていくので見ていて心地が良いです。

現代と戦国時代を行き来している中で、主人公が抱えている問題というか悩みみたいなのが浮き彫りになって行くのですが、時代を超えて問題が解決していくところが人の悩みの普遍性を感じる映画です。

 

本能寺ホテルの動画配信はauビデオパス

 

auビデオパス

 

「auビデオパス」は、下記です

 

auビデオパス 本能寺ホテル 本能寺ホテル 動画 中国無料視聴auビデオパス先行配信

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス 本能寺ホテル 本能寺ホテル 動画 中国無料視聴auビデオパス先行配信動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

本能寺ホテル 映画のあらすじ

 

倉本繭子(綾瀬はるか)は勤めていた会社が倒産し、あてのない生活を送っていたそんなある日、繭子(綾瀬はるか)はかねてから交際している吉岡恭一(平山浩行)からプロポーズされ、流されるままに婚約をします。

繭子(綾瀬はるか)は恭一(平山浩行)の両親の金婚式の祝賀パーティーに出席するため京都を訪れます。

しかし、予約していたホテルは手違いで泊まることができず、途方に暮れながら街をさまよった繭子(綾瀬はるか)は、路地裏にひっそりと佇む”本能寺ホテル”なるホテルに辿り着きます。

出迎えた支配人に導かれるように中に入り、エレベーターに乗った繭子(綾瀬はるか)は不思議な世界へと迷い込んでいきます。

気が付くと、繭子(綾瀬はるか)は戦国時代の京にタイムスリップして、しかも、彼女の前に現れたのは、天下統一を目前にした織田信長(堤真一)であったのです。

繭子(綾瀬はるか)は訳の分からないまま、”本能寺ホテル”と戦国時代の京を行き来しながら、信長(織田信長)とその小姓・森蘭丸(濱田岳)との交流を深めるうち、次第に信長(堤真一)の人間性に惹かれていきます。

しかしやがて、繭子(綾瀬はるか)は迷い込んだその日が、1582年の本能寺の変が起きる前日であることに気付くのでした。

 

本能寺ホテル 映画のキャスト

倉本繭子(綾瀬はるか)織田信長(堤真一)森蘭丸(濱田岳)吉岡恭一(平山浩行)本能寺ホテル支配人(風間杜夫)明智光秀(高嶋政宏)吉岡征次郎(近藤正臣)大塚(田口浩正)

ナレーション(中井貴一)

 

本能寺ホテル  映画のスタッフ

 

監督:鈴木雅之

脚本:相沢友子

製作:小川晋一、市川南、堀義貴

プロデューサー:土屋健、古郡真也、片山怜子

アソシエイトプロデューサー:大坪加奈

音楽:佐藤直紀

撮影:江原祥二

照明:杉本崇

録音:柿澤潔

編集:田口拓也

美術:棈木陽次、吉澤祥子

装飾:大橋豊

持道具:上田耕治

衣裳:大塚満、沖田正次

メイク・結髪:山下みどり

VFXスーパーバイザー:西尾健太郎

VFXプロデューサー:赤羽智史

音響効果:柴崎憲治

選曲:藤村義孝

記録:稲田麻由子

監督補:服部大二

助監督:三橋利行

制作担当:鍋島章浩

製作:フジテレビジョン、東宝、ホリプロ

制作協力:東映京都撮影所

制作プロダクション:FILM

配給:東宝

 

本能寺ホテルに出演されている綾瀬はるかさんさんについて

 

綾瀬はるかさんはホリプロに所属している女優で、現在32歳です。

綾瀬はるかさんは2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビューし、2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビューを果たしました。

それからと言うもの、大河ドラマ・映画・CM・紅白歌合戦の司会とメディア露出が多い綾瀬はるかさんですが、性格は”天然”だそうですが、非常に真面目な性格で演技に対する真摯な態度は共演者、スタッフからも評価が高く演技に関して納得行くまで監督と話し合うことも多いそうです。

綾瀬はるかさんの今後の出演予定は、2018年に映画「今夜、ロマンス劇場で」に出演予定です。

 

本能寺ホテル 映画のまとめ

 

未だ謎が多い”本能寺の変”をテーマにした映画で、現代人がタイムスリップするというストーリー的には他の作品にもありそうな設定ですが、綾瀬はるかさんと堤真一さんが作り上げていく世界、そして織田信長の人となりを綺麗に描かれています。

自分の人生に悩んでしまった時、夢が見つからないときなどに子の映画を見ると、背中を押されるような、そんな気持ちになります。

コメントを残す