昼顔 映画 動画 中国/fod無料視聴動画みっけ!

 昼顔 映画 動画 中国/fod無料視聴動画みっけ!

平日の午後3時から夫以外の男性と恋愛をする主婦を描き、社会現象となったドラマ『昼顔』が2017年6月10日に映画が公開されました。

映画版は、ドラマから続く不倫愛の切なさや大きすぎる代償、そして衝撃のラストが話題となっています。

ドラマを見ていない人も楽しめる本作となっています。

 

昼顔の人気は中国や韓国にまで及ぶようでその人気の秘密を探ってみました。

 

昼顔 映画 動画 youtube公式予告

 

昼顔が見れるFODプレミアム

 昼顔 映画 動画 中国/fod無料視聴動画みっけ!

「FODプレミアム」は、下記です

 

 

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

 昼顔 映画 動画 中国/fod無料視聴動画みっけ!昼顔が見放題一カ月間の無料お試しキャンペーンFODプレミアム

 

『昼顔』映画の見どころ

映画では、ドラマ版で演出を担当したフジテレビのゼネラルディレクター・演出家の西谷弘さんが監督を務め、脚本は引き続き井上由美子さんが担当しており、昼顔ファンからは注目を浴びています。

 

ドラマ『昼顔』では、北野(斎藤工)への健気な想いや不倫への葛藤、セックスレス状態の夫や子作りにしつこく言及してくる姑への不満など、さまざまなポイントで共感しやすい紗和(上戸彩)が描かれていました。

 

しかし映画では、不倫をされる側、つまり乃里子(伊藤歩)の苦しみも十分に感じられるところがポイントです。

 

一方で、紗和(上戸彩)もドラマとは異なる描かれ方がされており、北野(斎藤工)と再び心を通わせて幸せを感じるものの、一度自分が夫を裏切った経験から、かつての不倫関係とは異なる不安や苦しみが芽生えてきます。

 

夫以外の男性を好きになるという自分の犯した罪による苦しみを、その人を愛することで感じていくという罪業で紗和(上戸彩)もまた、3年前の不倫になお苦しめられていきます。

 

このように、本作は、紗和の視点と乃里子の視点とで、感じ方や面白さが異なるようにつくられており、心身ともに疲弊しながらも、再びの恋で色めいていく紗和役の上戸彩さん。

 

そして、不倫をされることで凛とした美しさが歪み、人相まで変わっていく乃里子役の伊藤歩さん。

この2人の迫真の演技にも注目です。

『昼顔』映画のあらすじ

お互いに結婚していながら、惹かれあい愛し合うようになった笹本紗和(上戸彩)と北野裕一郎(斎藤工)は、その一線を越えた関係はいつしか明るみになり、ついに二人は別れざるを得なくなってしまい、そして、紗和(上戸彩)は夫とも別れ一人になります。

 

あれから3年、紗和(上戸彩)は海辺の町で慎ましく暮らしており、オーナーの杉崎尚人(平山浩行)が営むレストランでの見習いと狭いアパートの往復が日課で、北野(斎藤工)の夢を見る事さえ既に無くなっていたのでした。

 

海岸沿いの小さな町には、彼女の過去を知る者は誰もいません。

 

一方、大学の非常勤講師となっていた北野(斎藤工)は蛍に関する講演を、ある街で行う事になります。

 

講演中、客席に目を向けたとき、彼は言葉を失ってしまいます。

 

そこには、紗和(上戸彩)の姿があったのです。

 

「神様は、私を試していたのでしょうか」運命のいたずらか、再びめぐり会う二人は、あの時に交わした愛を忘れられず、どちらからともなく逢瀬を重ねていきます。

 

清流ながれる蛍の住処が“約束の場所”。

 

そんな中、二人の前に現れたのは、北野の妻・乃里子(伊藤歩)だったのでした。

『昼顔』映画のキャスト

木下紗和(上戸彩)

北野裕一郎(斎藤工)

北野乃里子(伊藤歩)

杉崎尚人(平山浩行)

黒沢あすか

萩原みのり

志賀廣太郎

三浦誠己

渋川清彦

松居大悟

中村育二

『昼顔』映画のスタッフ

監督:西谷弘

脚本:井上由美子

音楽:菅野祐悟

撮影:山本英夫(J.S.C)

照明:小野晃

録音:藤丸和徳

整音:瀬川徹夫

音響効果:大河原将

選曲:石井和之

編集:山本正明

美術:清水剛

装飾:田口貴久

VFXスーパーバイザー:田中貴久

助監督:成瀬朋一

スクリプター:増子さおり

製作:小川晋一、市川南

『昼顔』に出演されている斎藤工さんについて

斎藤工さんは、映画出演時に「ドラマの方は色々なとらえ方ができる終わり方だったのですが、映画の台本を読んで、ラストについてはその衝撃をいまだに受け止めきれずにいます。

 

2年前のドラマからこの期間を空けるという意味が、きちんと台本に落とし込まれていたのが素晴らしいと思いました。

 

ドラマを観ていない方でも楽しめる内容になっているというのがこの映画の強さでもあると思います。

 

映画祭などで出会った海外の方からもいまだに「昼顔」のことを言われたりするんです。

 

なのでこの「昼顔」が映画としてまた海を渡ってほしいと思います。

 

体の芯に響くような作品なので、これを是非劇場で受け止めていただきたいなと。まだ公開は先ですが、我々日々魂を込めますので、映画「昼顔」よろしくお願いいたします。」とコメントされていました。

 

斎藤工さんの今後の活動として、映画「蠱毒 ミートボールマシン」(2017年公開)に出演予定です。

 

『昼顔』映画のまとめ

周囲に迷惑をかけ、たくさんの人を悲しませながらもようやく結ばれそうな恋を目前に、舞い上がる裕一郎(斎藤工)と紗和(上戸彩)ですが、所詮は「許されない恋」なのです。

 

二人の前には衝撃の悲劇が待ち受けているものとはいったい何なのでしょうか。

 

不倫ドラマの火付け役となった「昼顔」のラストは、どのような結末を迎えるのか、ドラマを見ていなくても、映画のみで十分に楽しめる作品となっています。

コメントを残す