あなそれ 最終回 動画 ユーチューブ,pandora,dailymotion本編高画質

あなそれ 最終回 動画 ユーチューブ,Pandora,dailymotion本編高画質

ということで記事をお伝えします。

 

このインターネットの世界には不思議なもので本編は著作権がないと削除されるけど無料視聴したいって方が多く、ネット上で探している方もいますね

TSUTAYAさん、ゲオさん店舗でDVDをレンタルすることもあると思いますが、
まだだし。。

あなそれですが最終回も終わったし、tver(ティーバー・ディーバー)やTBSオンデマンドは有料になってしまいましたね

そう言うかたは「auビデオパス」や「U-NEXT(ユーネクスト)」がお勧めです

「auビデオパス」と「U-NEXT(ユーネクスト)」というビデオオンデマンドサービスで一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため無料視聴・見逃し配信(再放送)できます

 

auビデオパス」-285x300 あなそれ 最終回 動画 ユーチューブ,pandora,dailymotion本編高画質

 

auビデオパス」-285x300 あなそれ 最終回 動画 ユーチューブ,pandora,dailymotion本編高画質

「auビデオパス」の公式は、下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス」-285x300 あなそれ 最終回 動画 ユーチューブ,pandora,dailymotion本編高画質動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式は、下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス」-285x300 あなそれ 最終回 動画 ユーチューブ,pandora,dailymotion本編高画質「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

あなそれ動画最終回ネタバレ感想

30代女性

一見よくある不倫ドラマですが、心理的な部分で、他の作品とは一線を画していると思います。

 

普通なら、不倫をすることにどこか後ろめたさや罪悪感を感じて、こそこそしたりすると思いますが、主人公の美都には全くそれが感じられません。

 

むしろ、初恋の人と再会したことを運命だと言い放ち、周囲の人間に気付かれるくらいの大胆な行動を取っています。

相手の有島に妻子がいるとわかった上でなお、彼の言動に一喜一憂し、「今度いつ会える?」と、学生時代の付き合いたてのカップルのように、自分の本能のままに動いていると思います。

自分に子供がいないせいか、有島に対しても「人の子供なんてちっとも可愛くない」とか、娘が高熱で約束をドタキャンした時にも「側にいたって何もできることはない」と、無神経な発言を繰り返したり、しまいには、泥で汚れた手で有島の娘に触ろうとしたり、人間としてのモラルが欠如していると感じました。

 

そういう部分を感じ取って、有島も徐々に距離を置きたいと思ったのかもしれません。

 

自分の不倫のせいで豹変していく夫にも「おかしい」と言い続け、離婚届を催促し、別居を強行するという、最後まで自分本位な美都にはイラっとしてしまいます。不倫の末路に幸せはないと思いますが、着地点が見えないので、最終的に美都がどう動くのか気になります。

 

30代男性

有島さんの奥さんを慕っていたはずの同じマンションのママがダブル不倫をバラすビラをまきました。

その出来事に対する有島君の奥さんの対応が神過ぎて驚きます。私も既婚者ですが、同じ様に主人がほかの嫁としかも妊娠中に不倫をしていたらそんな社会的な対応は出来ないと思います。

彼女の行動は他の家庭にとっては波風立てない様な行動です。しかし、一番大切にしないといけない家庭では如何な物かと思います。

と言うのも、夫、有島君としっかりその件の話し合いをしていません。

 

有島君がバラした段階で夫として今後どうするつもりか話しをしないといけません。

有島夫婦にはそれが無いのです。

あった事実はそれで仕方が無いのですが、今後の事もこの件に対する謝罪も無いまま何となく生活を再開しています。

嫁としてのもやもやが残るのは当然です。

 

きちんと話しをして距離を置くのか、許すのか、嫁の気持ちをしっかり相手に伝える事こそがトラブルがあった時に必要な行動だと思います。

案の条、奥さんは実家に帰ってしまいました。

このドラマを見ていると世間では女性が男性の浮気を許しがちですが、これは逆にりょうちゃんが嫁の浮気を許しているんだなと感じました。

夢だけを追って生きていると美都みたいに最後には何にもない女になるんだなとぞっとします。

続きが気になります。

コメントを残す