土竜の唄 香港狂騒曲 無料視聴・原作はfod,U-NEXTお勧め

高橋のぼるさんの人気コミックを、生田斗真さん主演、三池崇史監督、宮藤官九郎さん脚本のタッグで実写映画化した『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』の続編が『土竜の唄 香港狂騒曲』となります。

今回は原作の「チャイニーズマフィア編」を基に、チャイニーズマフィアの撲滅、最終ターゲットの護衛を命じられた潜入捜査官に、次々と危機が降り掛かるさまが描かれ、仲里依紗さん、堤真一さん、岩城滉一さんら前作キャストが続投するほか、瑛太さん、本田翼さん、古田新太さん、菜々緒さんらが新たに登場し、ドラマを盛り上げます。

 

『土竜の唄 香港狂騒曲』映画の見どころ

 

1作目と同様、生田斗真さんが股間にチラシをまとっただけの真っ裸で始まるのですが、作品全体を見て「本当にジャニーズなのか・・・」と思ってしまうほどのお下劣なキャラなのに、生田斗真さんが演じているとなぜか許されしまう感じがしてしまいます。

『土竜の唄』は仁義を重んじる裏の話なので、積みあがった札束とかとあるオークションなど、なかなか普段知れないような世界を映像化している所に面白みがあります。

そして、キャストがそれぞれに個性が強い俳優ばかりですので、見ごたえは十分にあるのではないでしょうか。

 

『土竜の唄 香港狂騒曲 』映画のキャスト

 

菊川玲二(生田斗真)

轟迦蓮(本田翼)

若木純奈(仲里依紗)

日浦匡也:クレイジー・パピヨン(堤真一)

黒河剣太:クロケン(上地雄輔)

兜真矢(瑛太)

胡蜂(菜々緒)

桜罵百治(古田新太)

チーリン(久松郁実)

酒見路夫(吹越満)

赤桐一美(遠藤憲一)

福澄独歩(皆川猿時)

轟周宝(岩城滉一)

 

『土竜の唄 香港狂騒曲 』映画のスタッフ

 

監督:三池崇史

原作:高橋のぼる

脚本:宮藤官九郎

音楽:遠藤浩二

 

『土竜の唄 香港狂騒曲』映画のあらすじ

 

犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ潜入捜査官モグラの菊川玲二(生田斗真)は、日浦組組長・日浦匡也(堤真一)と兄弟の契りを交わし、思いがけず日浦組若頭に就任します。

そのころ、容姿・頭脳・人望もピカイチの警官・兜真矢(瑛太)が警視庁組織犯罪対策部課長に就任し、玲二(生田斗真)の逮捕に動き始めるのでした。

一方玲二(生田斗真)は、最終ターゲットの数寄矢会会長・轟周宝(岩城滉一)からチャイニーズマフィア仙骨竜の撲滅と、轟と娘のボディーガードを任されることになるのです。

 

『土竜の唄 香港狂騒曲』生田斗真さんについて

 

前作に続き、主演を務めている生田斗真さんは、ジャニーズ界で”異端児”と言われています。

「ジャニーズなのにCDを出しておらず、俳優業一直線」ということでジャニーズにしては珍しいです。

小学校6年時に初めてドラマ「あぐり」に出演してから学生時代にはジャニーズ事務所に所属しながらも舞台を中心に活躍してきました。

22歳の時にドラマ「花ざかりの君たちへ」に出演したことで助演男優賞を受賞し、視聴者からはイケメンだと大人気となりました。

それからというもの、生田斗真さんは役になりきるために漁師の仕事を体験したり、引きこもってみたりもしたそうです。

俳優としての頭角をメキメキと表し始めたのは「劇団☆新感線」との共演により、大人なのに子供のように楽しんでいる姿を見たことがきっかけとなったようです。

生田斗真はイケメンなうえに性格も良いということで男性にも女性にも人気がある俳優の一人です。

 

『土竜の唄 香港狂騒曲』映画のまとめ

 

泣けるような感動話があるストーリーではなく、脚本が宮藤官九郎さんなのでとにかく笑える楽しくて賑やかな映画、という感じでしょうか。

キャストも豪華な顔ぶれですし、本田翼さんの「超わがまま」な性格の女の子、という今までにない新しい一面が見る事が出来ます。

 

コメントを残す